まるでクルマのムーンウォーク!? バックギアが壊れたクルマを後退させる方法

タイヤは前に回っているのに、車体はまるでムーンウォークのように後ろへ……。これは『My truck has no reverse. This is what I built so that I can back up if I have to.』というタイトルの動画。hexdude24氏の日産パスファイダー(日本名テラノ)は、リバースギアが壊れてしまったようです。

バックができなくなってしまった愛車でバックするために、hexdude24氏は知恵をしぼり、駆動輪のタイヤの下にパイプをかませることにしました。すると、タイヤの回転が伝わったパイプが地面を蹴ることになり、結果、回転方向が逆になり、クルマはバックするという次第。

https://youtu.be/SjV0iO-6vK8

製作時の動画もありました。

https://youtu.be/AMPTOjFfMM8

制作時の動画のよると、この道具はhexdude24氏の自作のようです。クルマへの固定側は元々フレームにある穴を使っておりS字フックで固定。そこから延びたチェーンの先にはネジ棒が取り付けられており、1インチと1.5インチの2本のパイプがそれを軸に回転する仕組み。細い方のパイプは、外側の太いパイプがスムーズに回転するためにあるのでしょう。

https://youtu.be/JRGjFi4UIcc

またダートでのテストのほか、アスファルト路面でも試走をしています。ちなみにパイプはPVC、つまり塩ビですが、車重を受け止めるタフさを持っているんですね。

説明文には、修理するまでの応急措置であるとありましたが、さてその後、ミッションはなおったのでしょうか。

(古川教夫)

まるでクルマのムーンウォーク!? バックギアが壊れたクルマを後退させる方法(http://clicccar.com/2017/05/13/470165/)

【関連記事】約7千円で詰め放題ならぬ、背負い放題のバーゲンセール!え? ラジコンじゃなかったの! アメリカンモンスタートラックはもはや宙返りも当たり前のエンターティナー日産・プロパイロット搭載のハイテク椅子を、羽田空港に「1日限定」で導入!