あまりの爆音で消音サイレンサー強制装着!? コルベットZR1次期型のニュル高速テストをキャッチ

シボレー コルベット「C7」のハイパフォーマンスモデル「ZR1」が、初のニュルブルクリンク高速テストへ向かいました。

今回はさらに擬装が軽くなり、赤いサイドミラー、フロントスプリッター、ブルーキャリパーを伴う高性能ブレーキシステム、軽量アロイホイールなどが確認できますが、注目はリアバンパー。

前回のプロトタイプでは、センター出しクワッドエキゾーストパイプあったはずですが、そこには、直角に折れ曲がった怪しいロングパイプが装着されています。

実はニュルブルクリンク グリーン・ヘルでは、100デシベル以上のエキゾーストノートは禁止されており、止む得終えずサイレンサーを装着したようです。

ちなみに100デシベルというのは「電車が通るときのガード下」と同じレベル。日本国内の保安基準では自動車の騒音は80デシベル以下に規制されていますから、相当なものです。

膨らんだボンネットの下に潜むのは、新開発6.2リットル「LT5」DOHC V型8気筒エンジンで、最高馬力は710psとも噂されています。

2018年1月、デトロイトモーターショーでのお披露目が期待されています。

(APOLLO

あまりの爆音で消音サイレンサー強制装着!? コルベットZR1次期型のニュル高速テストをキャッチ(http://clicccar.com/2017/05/10/470508/)

【関連記事】レッドカラーが刺激的!アウディRS4次期型、パナメーラターボのエンジン移植で460馬力へ向上!400馬力の強力バッテリーを搭載するBMW i8改良型は、クーペとスパイダーが同時公開!?最強の「デートカー」再び!? 復活が噂されるホンダ・プレリュードを予測