新型ディスカバリーの受注が5月8日からスタート。価格は7,790,000円〜

新型ディスカバリーの受注が5月8日からスタート。価格は7,790,000円〜

新型ディスカバリーの受注が5月8日からスタート。価格は7,790,000円〜の画像

導入限定モデルのオーダーを受け付けていた新型DISCOVERY(ディスカバリー)。注目のカタログモデルの受注も5月8日から開始されました。

ランドローバーといえば、四角いフォルムでお馴染みになったディスカバリーを思い浮かべる方も多いかもしれません。1989年に誕生したディスカバリーは、今回の新型モデルで5代目になります。

リモート操作でシートアレンジが可能な世界初の機能に代表される優れた多用途性や、ランドローバーの特徴であるオフロード走行性能はもちろん、7人すべての乗員に快適さと広い視界をもたらす「スタジアムシート」など、ディスカバリーの価値を継承しつつ、さらに進化させ、新しいデザイン言語による内・外装の大幅なデザイン変更も見どころです。

カタログモデルは、「HSE」「HSE LUXURY」の2グレード構成。両グレードに3.0L V6 スーパーチャージャー(最高出力340ps/最大トルク450Nm)と、3.0L V6 ディーゼルターボエンジン(最高出力258ps/最大トルク600Nm)が用意されています。

新型ディスカバリーの注目ポイントであるシートアレンジでは、大人7人が快適に座れるようにレッグルームはセカンドシートで954mm、サードシートでも851mmを確保。

また、広々とした室内空間を確保しながら、シートアレンジ次第でラゲッジスペースを最大2406Lにまで拡大することができます。加えて、グローブボックスやカップホルダーの下の収納ボックスなど便利なスペースを数多く用意されています。

世界初となる「インテリジェント・シート・フォールド機能」により、荷室のスイッチやタッチスクリーン、さらには専用アプリを使ってスマートフォンから遠隔操作で、2列目と3列目のシートを自動で展開することが可能。7人乗りの状態から2人乗りの状態、つまり荷室スペースを最大にするまでの時間はわずか14秒で完了するとのこと。

走りの面もさらに強化されています。状況に応じてエンジンやギヤボックス、ディファレンシャル、サスペンションなどのセッティングを自動的に最適化する「テレイン・レスポンス2オート」や、2段階のオフロードモードを備えた最新のクロスリンク式電子制御エアサスペンション・システムをディスカバリーで初めて搭載されています。

このエアサスペンションは、50〜80km/hで轍がついた荒れた路面を走行する場合には40mm上昇させ、さらに50km/h未満で過酷なオフロードを走行する場合や川を渡る場合には車高を最大115oまで上昇(先代比:+10o)。

また、105km/h以上でオンロード走行する際には、自動的に車高が13mm低くなり、目的地に到着し、エンジンを切るかシートベルトを外すと車高を15mm、さらにドアを開くとさらに25mm低くなる乗降を楽にするオートマチック・アクセスハイト機能も備えられています。なお、その後クルマが走り出すと自動的に通常位置まで戻るそうです。

そのほか「ツインスピード・トランスファー・ギアボックス」、「ダイナミック・スタビリティ・コントロール(DSC)」、「ヒル・ディセント・コントロール、オールテレイン・プログレス・コントロール(ATPC)」なども設定されています。

そのほかの装備では、10.2インチの最新インフォテインメント・システム「InControl Touch Pro」を標準化されているほか、歩行者検知機能がついた自動緊急ブレーキ、「ACCキューアシスト機能」、「パークアシスト(縦列駐車・並列駐車・出庫)」、「ブラインドスポットアシスト」といったドライバー支援システムのオプションも充実しています。

価格は、ガソリンモデルの「DISCOVERY HSE」が7,790,000円、「DISCOVERY HSE LUXURY」が8,810,000円。ディーゼル仕様の「DISCOVERY HSE」が7,990,000円、「DISCOVERY HSE LUXURY」が9,010,000円です。

(塚田勝弘)

【関連記事】

新型ディスカバリーのデビュー記念車「DISCOVERY FIRST EDITION」が限定30台で登場
https://clicccar.com/2017/04/09/460679/

新型ディスカバリーでペルーを走破できる「LAND ROVER EXPERIENCE TOUR PERU 2017」の日本予選がスタート
https://clicccar.com/2017/05/04/469435/

新型ディスカバリーの受注が5月8日からスタート。価格は7,790,000円〜(http://clicccar.com/2017/05/10/470545/)

【関連記事】フォルクスワーゲンが2018年末までに7台のSUVを投入へ!日本車の米国生産が年間400万台規模に! 雇用拡大にも貢献アメリカの新車市場に異変?4月のライトトラック系の販売が頭打ちに