より上質に、スポーティーに。BMW M3・M4がマイナーチェンジ。戦闘力を増した「コンペティション」も追加

BMW M3/M4が5月9日にマイナーチェンジを受けました。今回のトピックスはフェイスリフトを中心としたデザインや装備の追加、新グレード「BMW M3コンペティション」「BMW M4コンペティション」の設定になります。

フロントマスクではデイタイムライト機能付きで新世代となるヘキサゴナル・デザインのアダプティブLEDヘッドライト、リヤビューデザインではLEDテールライト(BMW M4のみでM3は採用済み)の採用が目を引きます。

さらに、ブラックの19インチアルミホイールの装着により、精悍で存在感を抱かせる足元にも注目。インテリアでは高音質の「harman/kardonサラウンド・サウンド・システム」に加えて、「カーボン・ファイバー・トリム」を標準装備することで上質かつスポーティな仕上がりになっています。

今回追加された「M3/M4 コンペティション」は、その名とおり、パフォーマンスをさらに引き上げると同時に、サーキット走行における卓越したダイナミズムを実現する仕様。

エンジンは、3.0Lの直列6気筒「Mツインパワー・ターボ・エンジン」の最高出力を標準仕様より14kw(19ps)アップの331kw(450ps)まで高めることにより、0-100km/h加速(ヨーロッパ仕様車値)4.0秒という動力性能を実現。

パフォーマンスに対応するため、ダンパーおよびスタビライザーの特性を専用に変更した「アダプティブMサスペンション」を設定するとともに、電子制御式多板クラッチによりパワーを左右リヤ・ホイール間で自在に配分する「アクティブMディファレンシャル」や「DSC(横滑り防止装置)」にも専用のチューニングが施され、トラクション性能を向上させたとのこと。

ほかにも、迫力ある見た目とサウンドをもたらす専用「Mスポーツ・エキゾースト・システム」をはじめ、構造の20インチ鍛造「Mライト・アロイ・ホイール・スタースポーク・スタイリング666M」、ハイグロス・ブラック仕上げの「キドニーグリル」、ブラッククローム仕上げの「デュアル・エキゾースト・テールパイプ」といった専用装備を搭載。

また、内装では、スポーツ走行時に身体をしっかりと支える軽量構造の専用「Mスポーツ・シート」に加え、Mストライプが施された専用シートベルトを装備。

価格は新設定の「コンペティション」を含めて1,850,000円〜12,790,000円で、M3はDCTのみ、M4にはDCTとMTが設定されています。

(塚田勝弘)

より上質に、スポーティーに。BMW M3・M4がマイナーチェンジ。戦闘力を増した「コンペティション」も追加(http://clicccar.com/2017/05/11/471048/)

【関連記事】3つのボディを擁するBMW・4シリーズが、スポーティ度を大幅アップさせるマイナーチェンジ400馬力の強力バッテリーを搭載するBMW i8改良型は、クーペとスパイダーが同時公開!?「MINIへ習え!?」BMW・1シリーズ改良型プロトタイプに装着された怪しいホイールの意味とは?