BMW 3シリーズ グランツーリスモに待望の2.0Lディーゼルと4WD仕様を追加

クーペのようなフォルムとゆとりあるキャビン、使い勝手のいい荷室などが魅力のBMW 3シリーズのグランツーリスモ(GT)。従来は「2.0Lガソリンターボ+FR」のみでした。5月10日、待望のクリーンディーゼルが追加され、さらに「2.0Lディーゼルエンジン+4WD」も加わりました。

追加される2グレードは、クリーンディーゼルエンジン搭載の「BMW 320d Gran Turisimo」と、同車をベースに、輸入車でクラス唯一となる「ディーゼル&4WD」のセダンである「BMW 320d Gran Turismo xDrive」。

BMWが推進している最新ディーゼルエンジンは、アルミニウム合金製のクランクケースを採用した2.0L直列4気筒で、最新世代のコモンレール式ダイレクト・インジェクション・システムと可変ジオメトリー・ターボの組み合わせ。

190p/4000rpm、400Nm/1750-2500rpmというアウトプットを得ながらJC08モード燃費は、19.4km/Lの低燃費を実現(BMW 320d xDrive Gran Turismoは17.4km/L)。エコカー減税対象車になり、自動車取得税・重量税が免税(100%減税)となり、翌年度の自動車税も75%減税となります。

新たに追加されたディーゼルエンジン仕様の価格は「BMW 320d Gran Turismo Luxury」が6,690,000円、「BMW 320d Gran Turismo M Sport」が6,750,000円、4WDの「BMW 320d Gran Turismo xDrive Luxury」が7,000,000円、「BMW 320d Gran Turismo xDrive M Sport」が7,060,000円です。

(塚田勝弘)

BMW 3シリーズ グランツーリスモに待望の2.0Lディーゼルと4WD仕様を追加(http://clicccar.com/2017/05/12/471311/)

【関連記事】日本導入60台限定!驚異の460ps/600Nmを誇る「BMW M4 CS」の受注開始より上質に、スポーティーに。BMW M3・M4がマイナーチェンジ。戦闘力を増した「コンペティション」も追加3つのボディを擁するBMW・4シリーズが、スポーティ度を大幅アップさせるマイナーチェンジ