モナコGPが待ちきれない!F1女子、ピンクTシャツでジェンソン・バトンを全力応援します!!

モナコGPが待ちきれない!F1女子、ピンクTシャツでジェンソン・バトンを全力応援します!!

モナコGPが待ちきれない!F1女子、ピンクTシャツでジェンソン・バトンを全力応援します!!の画像

2017F1第5戦スペインGPが終わり、いよいよ次戦(5月28日)はモナコGPです!

今年のモナコGPはフェルナンド・アロンソ選手(マクラーレン・ホンダ)が同日に開催されるインディ500に参戦するため、ジェンソン・バトン選手がアロンソ選手の代役としてスポット参戦することでも注目を集めています。

F1を好きなって早11年。ずっと応援し続けていたバトン選手が昨年でF1を引退し、どこか抜け殻状態だった私にとって最高に嬉しいニュースでした。

ご存知の方も多いかとは思いますが、バトン選手は2009年のワールドチャンピオン! 8年間ホンダと共に戦ったこともあり、日本のF1ファンにとって馴染みのあるドライバーの一人です。

男性ファンのみならず、多くの女性ファンも虜にしてきたバトン選手。絶妙なタイヤチョイスと紳士的な走りはもちろん、モデルのような出で立ちと、眩しいくらいのジェンソンスマイルに心を奪われたのは私だけじゃないはず!

そんなバトン選手のモナコGP参戦を記念して、バトン選手のF1人生を振り返ってみましょう! 今回は生い立ち〜デビューまでの道のりをお届けします!!

バトン選手は1980年1月18日に、イングランド・サマセット州フロームで誕生。

ちなみにフロームには、F1タイトル獲得達成を記念して作られた「The Jenson Button Bridge」という橋があるんですよ! いつか絶対に行きたい!! 橋の上で手作り応援フラッグを掲げながら写真を撮るのが私の夢です。

バトン選手のF1人生は、8歳のクリスマスにお父さんからプレゼントしてもらったカートから全てが始まりました。

1991年(11歳)イギリス・カデット・カート選手権で、34戦を全勝するという圧倒的な成績でタイトルを獲得。プロのイタリアチームと契約し、その後も、全英オープンカート選手権を3度に渡って制するなど活躍を続けます。

1997年にはカートスーパーAクラス・ヨーロッパ選手権を史上最年少(17歳)で制し、アイルトン・セナ・メモリアルカップを受賞。

18歳でフォーミュラ・フォードに進出。ここでもチャンピオンを獲得し、この年の最優秀若手ドライバーとしてマクラーレン・オートスポーツBRDCヤングドライバーアワードを受賞しました。

実はこの賞の副賞が、マクラーレンのF1マシンのテスト走行だったのです! 2010年からマクラーレンで活躍しているバトン選手。このころからマクラーレンとは縁があったのですね。

1999年(19歳)、F3の中でも最高レベルのレースシリーズの一つとされる、イギリスF3にステップアップ。3勝を挙げ、新人としては最上位のランキング3位を獲得しました。

そして2000年(20歳)にBMW・ウィリアムズF1でデビューを果たします。今ではマックス・フェルスタッペン選手(レッドブル)のように20歳未満でデビューするドライバーもいますが、当時のF1では20歳でデビューというのは異例の若さだったのだそう。

順風満帆に見えるバトン選手のF1ドライバーまでの道のりですが、ここにたどり着くまでには絶対に欠かせない存在がいました。それはバトン選手のお父様、ジョン・バトンです。

ジョンは元ラリークロスドライバーで、1976年RACイギリスラリークロス選手権ではランキング2位を獲得しました。

カート時代から二人三脚で戦ってきたバトン選手とジョン。F1ドライバーになってからも必ずサーキットに訪れ、決勝日には日本でいう「ゲン担ぎ」といったところでしょうか、いつもピンク色のシャツを着てレースの行方を見守っていました。ドライバーの家族が見に来ていることはよくありますが、この2人の絆はどの家族よりも強く感じられました。

実際に会って話したことがあるのですが、とても気さくで笑顔が素敵! ジョンがサーキットで皆から愛されている理由がよく分かりました。

名前入りの扇子をプレゼントした時には、バトン選手に「この子から貰ったよ!」と話してくれたり、チームスタッフに見せに行ってくれたりと、とても喜んでくれた姿を今でも鮮明に覚えています。

そんなジョンですが、2014年1月12日に突然亡くなってしまったのです……。原因は心臓発作ではないかと言われています。享年70歳。早すぎる死に、誰もが悲しみました。

そしてバトン選手はジョンを想い、トレードマークでもあったピンクシャツをモチーフとしたTシャツを販売しました。もちろん、私も即購入! F1を見に行く時は、必ず着ています。

モナコGPは残念ながら現地に行くことはできないですが、このTシャツを着て日本から全力で応援します!!

(yuri)

モナコGPが待ちきれない!F1女子、ピンクTシャツでジェンソン・バトンを全力応援します!!(http://clicccar.com/2017/05/24/471503/)

【関連記事】復活を遂げたフェラーリ特集!SF70Hを産み出した「B・B体制」とは?【F1速報×F1女子〜スペインGP号〜】ハミルトン今季2勝を果たすと同時に、フェラーリが号泣少年を笑顔にした粋な計らいとは?【2017F1第5戦スペインGP】「もう、セカンドなんて言わせない!!」初優勝のボッタスが内に秘めた想いを語る!【F1速報×F1女子〜ロシアGP号〜】