【SUPER GT2017】第2戦富士で明らかになった真実。SUBARU BRZ R&D SPORTはタイヤにやさしい

【SUPER GT2017】第2戦富士で明らかになった真実。SUBARU BRZ R&D SPORTはタイヤにやさしい

【SUPER GT2017】第2戦富士で明らかになった真実。SUBARU BRZ R&D SPORTはタイヤにやさしいの画像

5月3、4日に富士スピードウェイで開催されたSUPER GT第2戦「2017 AUTOBACS SUPER GT Round 2 FUJI GT 500km RACE」。

昨年から大きく仕様を変更したSUBARU BRZ R&D SPORTですが、開幕戦岡山では電気系トラブルによりリタイア。ここ富士ではポイント奪取は必須項目といえるでしょう。

岡山戦で得たデータをもとに、フロントのアンダーフロアとリアのウィング形状を変更し富士に臨んだBRZですが、3日午前中のフリー走行では空力面とタイヤのマッチングにかなり苦労した様子で、セッティングの煮詰めにフリー走行時間のすべてを費やすこととなってしまいました。

富士スピードウェイといえばスーパーロングストレートが有名ですが、ダンロップコーナーから最終コーナーにかけてはかなりテクニカルなコーナーな連続します。

大排気量のGT3マシンであればエンジンパワーでストレートを駆け抜けることが出来ます。しかし2リッターターボのBRZは加給圧でトルクを出して乗り切るのですが、リストリクターにより吸気を制限されているために思うようにストレートスピードが伸ばせません。

そこでコーナーリングセクションでタイムを稼ぐわけですが、ウィングなどの空力面で調整するとストレートスピードに影響が出てしまう。このバランスに苦労したとのことです。

しかしフリー走行で徹底的に煮詰めたおかげで予選順位は6位。トップから1秒以内に7台がいるという僅差での6位ですから、500kmのレース距離を考えれば充分に優勝を狙える可能性はあります。

そのためか、井口卓人選手の表情も和やか。

しかし、決勝が始まるとストレートスピードの差は歴然で、徐々に順位を落としていってしまいます。もともと富士は苦手、と昨年から辰己監督が仰っていたBRZですが、気がつけば10位近辺の順位。

ここでBRZは起死回生の一発に挑みます。ピットインでのフロントタイヤ無交換作戦!トランスアクスル化してリアに移設したトランスミッションとスワンネック形状のリアウィングのおかげでリアのトラクションが充分にかかりフロントタイヤの負担が軽減された、とされるBRZならではの作戦です。

タイヤメーカーは違うとはいえ、グッドスマイル 初音ミク AMGが左フロントタイヤを2回もバーストするような過酷なレースでこの作戦は大丈夫なのでしょうか?

結論から言ってしまえば、順位こそ13位での完走となりましたが山内選手いわく「タイヤにはまったく不安は無かった」。R&Dの本島さんも「レースが終わってタイヤを確認したがフロントもリアもきれいなまま」であったとのこと。フロントタイヤ無交換でも充分に走ることは出きたようです。

レース後の辰己監督にお話を伺うと「トランスアクスルなどの改良点は功を奏している。次はフロントタイヤをもっと工夫して使うセットを考えてもいいと思う」としています。

リストリクターの吸気制限によるストレートスピードの低下のほかにも、燃料補給時の流量制限など、今年のJAF-GT勢に課せられた課題は大きいのですが、それをルールと飲み込んで更なるポテンシャルアップを図るSUBARUチームの姿勢には拍手を送りたい気持ちでいっぱいです。

そして今年のBRZはかなりタイヤにやさしいマシンに仕上がっていることは紛れも無い事実。次戦のオートポリスや第4戦のSUGOはコーナーリングセクション主体でアップダウンの多いコース。BRZにも勝機があることは間違いありません。

ここでポイントを稼いで、もともとSUBARUが強いとされる鈴鹿で大きくジャンプアップすることに期待します。

(写真・文:松永和浩)

【SUPER GT2017】第2戦富士で明らかになった真実。SUBARU BRZ R&D SPORTはタイヤにやさしい(http://clicccar.com/2017/05/13/471575/)

【関連記事】各車の違いはどこ?ダイハツ・トヨタ・スバルからミライース「兄弟」が出そろう【SUPER GT2017】ビックリ仰天!大ドンデン返し!な結末だった第2戦富士のGT300クラス横浜ゴム、モータースポーツ活動強化を目指して「モータースポーツ推進室」を新設