ルノー・キャプチャーにベース車よりも安くて装備充実のお買い得な特別仕様車2台を設定

ルノー・キャプチャーにベース車よりも安くて装備充実のお買い得な特別仕様車2台を設定

ルノー・キャプチャーにベース車よりも安くて装備充実のお買い得な特別仕様車2台を設定の画像

国産、輸入車を問わず、BセグメントからCセグメントベースのSUVが続々と登場しています。メーカーやインポーターからするとハッチバックなどをベースにSUV化することで価値を付加させることができ、もちろん価格(利益率)の面でも旨みがあります。

ユーザーの利点は、ベースのハッチバックなどよりも立派に見える、高めのアイポイント(ヒップポイント)で視界が良く運転しやすい、ベース車よりも天地方向に高くなることで、アップライトな乗車姿勢が取りやすく、居住空間にゆとりが感じられるなどがあります。さらに、背が高くなった分、荷室の容量や積載性の点でもメリットがあります。

5月11日に発売を開始したルノー・キャプチャーの2台の特別仕様車もカタログモデルよりも安くなっています。

スタイリングが高く支持されているというルノー・キャプチャー。「ルノー キャプチャー プレミアム」は、レザーシートやレザーハンドル、レザーパーキングブレーキレバーで内装のクオリティをアップ。

さらに、専用のスマホ用アプリ「R&Go」を接続できる「R&Go」対応ラジオが装備されています。スマホ用アプリ「R&Go」は、ハンズフリーでの通話はもちろん、ナビ(日本仕様はGoogleマップ)、オーディオ、エコドライブ情報などが利用できるもの。オプションの「スマートフォン・クレードル」(税込5400円)でインパネにスマホを固定できます。また、足まわりでは17インチのブラックアルミホイールが装着されています。

「ルノー キャプチャー エクスプレッション」は、座り心地の良さで定評のあるファブリックシート、そして「R&Go」対応ラジオを装備。

ボディカラーは、両仕様ともにモノトーンと2トーンを設定。「ルノー キャプチャー プレミアム」には、「イヴォワール+ノワール エトワールM」、「オランジュ ルシヨンM+イヴォワール」、「カプチーノM+イヴォワール」、「ルージュフラムM+ノワール エトワールM」、「ブルー マリン フュメ」の5色を用意。

「ルノー キャプチャー エクスプレッション」には、「イヴォワール+ノワール エトワールM」、「オランジュ ルシヨンM+イヴォワール」、「ブルー マリン フュメ」の3色を設定。なお、Mはメタリックで、2トーンは3万2400円高になります。

価格は「ルノー キャプチャー プレミアム」が2,660,000円、「ルノー キャプチャー エクスプレッション」が2,540,000円。それぞれ前者はベース車のインテンスより12,600円、後者はゼンよりも29,000円安くなっています。

(文/塚田勝弘 写真/塚田勝弘、ルノー・ジャポン)

ルノー・キャプチャーにベース車よりも安くて装備充実のお買い得な特別仕様車2台を設定(http://clicccar.com/2017/05/11/471586/)

【関連記事】スターウォーズ40周年記念!帝国の希少車? CLA 180 STAR WARS? Editionが120台限定、価格504万円で発売早くも特別仕様車が登場!昨年末にMCを受けた日産・デイズ ルークスに「Vセレクション」を設定「大人の色気」が加わった2台の特別仕様車を日産・デイズに設定