レンジローバーの新型ヴェラールに最強「SVR」!567馬力でマカンターボを圧倒する

2017年3月のジュネーブモーターショーで公開された、レンジローバーの新型クロスオーバーSUV「ヴェラール」の最強ハードコアモデル、「ヴェラール SVR」プロトタイプを初めてカメラが捉えました。

「ヴェラール」は、「レンジローバー スポーツ」「レンジローバー イヴォーク」の間を埋める第3の派生モデルで、これまでのモデルとは一線を画するスタイリッシュなエクステリアを特徴としています。

パワートレインは2リットル直列4気筒ターボ「インジニウム」エンジンを搭載するほか、2017年後半には、380psを発揮する3リットルV型6気筒スーパーチャージドエンジンなどがラインナップされます。

今回始めて捉えた最強「SVR」は、偽装が重いですが、ノーマルより大きなエアダクトを持つフロントバンパー、高性能ブレーキシステム、クワッドエキゾーストパイプを装備します。

ハイライトはその心臓部です。567psを叩き出す、5リットルV型8気筒エンジンが予想され、ライバルのポルシェ「マカンターボ」の400ps、アルファロメオ「ステルヴィオ クアドリフォリオ」の510psを圧倒すると思われます。

ワールドプレミアは、2018年3月のジュネーブモーターショーと予想されますが、2017年9月のフランクフルトモーターショーでサプライズの可能性もあります。

(APOLLO)

レンジローバーの新型ヴェラールに最強「SVR」!567馬力でマカンターボを圧倒する(http://clicccar.com/2017/05/13/471616/)

【関連記事】オペルGT次世代型はトヨタ86のライバルか?タルガトップも投入!ついに400馬力オーバーの領域へ!メルセデス次世代ホットハッチ「Aクラス」に3L直6搭載の噂あまりの爆音で消音サイレンサー強制装着!? コルベットZR1次期型のニュル高速テストをキャッチ