BMW X5次期型はグリルに存在感!V8モデルは最大463psと判明

BMW X5次期型が、ニュルブルクリンク・ノルトシェライフェで高速テストを開始しました。

ヘッドライトやバンパーのエアダクトは、まだダミーが使われているようですが、注目は新しいキドニーグリルです。

現行モデルより上下に広がりを見せ、存在感が増しています。これは兄貴分「X7」次期型への採用も予想されており、今後SUV「X」シリーズには、順次この新キドニーグリルが採用されそうです。

その他、テールゲート開口部のワイドになり、ツインエキゾーストパイプも大きなスクエアデザインが採用されています。

馬力がアップした、パワートレインの詳細も判明しました。

最大馬力251ps、最大トルク350Nmを発揮する2リットル直列4気筒ツインターボをはじめ、最大馬力335ps、最大トルク450Nmを発揮する3リットル直列6気筒ツインターボ、そしてトップモデルには、最大馬力463ps、最大トルク650Nmを発揮する4.4リットルV型8気筒ツインターボエンジンやプラグインハイブリッドが採用され、頂点には「X5 M」が投入されると思われます。

ワールドプレミアは2018年9月が有力と見られています。

(APOLLO)

BMW X5次期型はグリルに存在感!V8モデルは最大463psと判明(http://clicccar.com/2017/05/15/471630/)

【関連記事】某国のコピー車?偽装ボディ?「コディアック」にそっくりなシュコダの新型コンパクトSUVレンジローバーの新型ヴェラールに最強「SVR」!567馬力でマカンターボを圧倒するオペルGT次世代型はトヨタ86のライバルか?タルガトップも投入!