某国のコピー車?偽装ボディ?「コディアック」にそっくりなシュコダの新型コンパクトSUV

VWグループのシュコダの新型コンパクト・クロスオーバーSUV「Karoq」と思われるプロトタイプを初めてカメラが捉えました。

アルバニアの「Karroq」村から取られた車名とも噂されるこのプロトタイプは、2009年に発売されたコンパクトSUV「イエティ」の後継モデルと思われます。

初撮りなのにフルヌードという珍しいプロトタイプですが、そこに見えたデザインは、2016年に話題となったシュコダ初の大型SUV「コディアック」に激似です。

グリル、ヘッドライト、エアダクト、テールライトまで、某国のコピー車を見ているようで、異なるデザインを探す方が難しいほど。

この後継モデルは、VWグループ「MQB」プラットフォームを採用し、軽量化や優れたドライビングダイナミクスを実現するといいます。パワートレインは2リットル直列4気筒ディーゼルターボで、最高馬力は170ps程度が予想されています。

ワールドプレミアは2017年9月のフランクフルトモーターショーと思われます。

(APOLLO)

某国のコピー車?偽装ボディ?「コディアック」にそっくりなシュコダの新型コンパクトSUV(http://clicccar.com/2017/05/14/471642/)

【関連記事】SUV強化中!プジョーのおすすめモデル・TOP3【2017年版】レンジローバーの新型ヴェラールに最強「SVR」!567馬力でマカンターボを圧倒するオペルGT次世代型はトヨタ86のライバルか?タルガトップも投入!