オペルGTのライバルは86か

オペルGT次世代型はトヨタ86のライバルか?タルガトップも投入!

2016年のジュネーブモーターショーで公開した「オペル GT」が2018年にも市販化され、タルガトップモデルも投入される可能性が高いようです。

初代「オペル GT」は、1968年から1973年まで発売された2シータースポーツクーペで、ベイビーコルベットとも言える美しいクーペラインを持っていました。

当時発売されていたタルガトップも、クーペのシルエットを継承したスタイリッシュなモデルでしたが、届いたレンダリングCGでもロングノーズで躍動感溢れるデザインとなっています。

コンセプトモデルのパワートレインは、最大馬力145ps、最大トルク205Nmを発揮する1リットル直列3気筒ターボエンジンを搭載します。

国産車のライバルとなるのはトヨタ「86」、マツダ「ロードスター」で、トルクでは同等あるいは上回るものの、パワーでは引けを取ります。

100kg以下のライトウエイトスポーツになると思われるますが、この復活する名車を世界に知らしめるには、もう少し馬力が必要となるはずで、市販型でハイスペックが実現するか注目したいです。

(APOLLO)

オペルGT次世代型はトヨタ86のライバルか?タルガトップも投入!(http://clicccar.com/2017/05/13/471654/)

【関連記事】ついに400馬力オーバーの領域へ!メルセデス次世代ホットハッチ「Aクラス」に3L直6搭載の噂あまりの爆音で消音サイレンサー強制装着!? コルベットZR1次期型のニュル高速テストをキャッチレッドカラーが刺激的!アウディRS4次期型、パナメーラターボのエンジン移植で460馬力へ向上!