各車の違いはどこ?ダイハツ・トヨタ・スバルからミライース「兄弟」が出そろう

2017年5月9日にダイハツ・ミライースがフルモデルチェンジ、その兄弟モデルとしてOEM供給されているスバル・プレオも同日にフルモデルチェンジ。そしてトヨタ版の兄弟モデルとなるピクシスエポックが5月12日に発売開始となりました。

さて、ダイハツ・ミライース、トヨタ・ピクシスエポック、スバル・プレオの三台。写真を眺めてみても、ボディ前後やステアリングに付けられたブランドや車名のエンブレムを変えたバッジエンジニアリングといえる違いしか見当たりません。ユーザーとしては、同じクルマと考えていいのでしょうか。

いえ、そうとは言い切れません。

まず、ミライースを基本として考えると、ピクシスエポックはグレード構成もメーカー希望小売価格も変わりません。エントリーグレードの価格は84万2000円となっていますし、その名前が「B」というのも共通です。その上は「B”SA III」、「L」、「L”SA III」、「X”SA III」となり、最上級グレードの名前が「G”SA III”」となっているのも同じです。いずれも4WDが設定され「G”SA III”」4WD車の価格が133万9200円となっているのも同様です。

一方、プレオの入り口価格は89万6400円で、グレードは「F」、「Fスマートアシスト」、「Lスマートアシスト」、「Gスマートアシスト」とベーシックグレードが省かれた構成となっているほか、ダイハツやトヨタが”SA III”と省略しているのに対して「スマートアシスト」と記しています。なお、もっとも高価な「Gスマートアシスト」4WD車のメーカー希望小売価格は135万円。つまり、プレオにおいてはミライースと比較して1万800円〜2万1600円ほど価格がアップしているのです。

とはいえ、前後とステアリングに輝く六連星エンブレムはスバルファンにとっては外せないアイコンといえそうです。

また、エンブレムといえばテールゲートに付けられる位置が、ミライースとプレオは向かって右側、ピクシスエポックは左側となっているのも細かい違いとなっています。

(山本晋也)

【関連記事】

ダイハツ・ミライースがフルモデルチェンジで車重650kg、価格は84万2400円から登場
https://clicccar.com/2017/05/09/470793/

新型ミライースは、新世代ダイハツの原点となる注目モデル!
https://clicccar.com/2017/05/10/470955/

各車の違いはどこ?ダイハツ・トヨタ・スバルからミライース「兄弟」が出そろう(http://clicccar.com/2017/05/12/471861/)

【関連記事】豊田章男社長が決算報告会で語った「不退転の決意」とは?新型ミライースは、新世代ダイハツの原点となる注目モデル!ダイハツ・ミライースがフルモデルチェンジで車重650kg、価格は84万2400円から登場