【ネオ・クラシックカー グッドデザイン太鼓判!】 第1回・マツダデザインの原点となったユーノス500

【ネオ・クラシックカー グッドデザイン太鼓判!】 第1回・マツダデザインの原点となったユーノス500

【ネオ・クラシックカー グッドデザイン太鼓判!】 第1回・マツダデザインの原点となったユーノス500の画像

個性あふれる80〜90年代のネオ・クラシックな日本車から、グッドデザインなクルマを振り返る新シリーズ。第1回の今回は、絶好調のマツダデザインの原点となるセダンに太鼓判です!

ユーノスは、バブル期にマツダが展開した5チャンネル体制の中でも、とくに流麗かつ高級な車種を揃えたブランド。もちろん、スーパースターはロードスターですが、セダンやハッチバックにも秀作が少なくありませんでした。

なかでも1992年登場の500は、グッドルッキングなセダンとして玄人筋にもウケた名車です。

フロントは、繊細な縦桟のグリルが上品さを醸し出し、ヘッドランプと相似形のフォグランプにも気品が漂います。抑揚のあるボンネットから続くサイドボディは、余計なラインがなく面の上質さで勝負。

サッシュレスのサイドウインドウはエレガントさを演出し、下がり気味の短いリアは、大型のランプによってボディ後端をしっかり引き締めます。さらに「ハイレフコート」と呼ばれる専用開発の4コート塗装がボディに深みを与えました。

インテリアも同一のテーマで貫かれ、ダッシュボードの流麗さやサテライトスイッチ類の先進感は、現在の視点で見ても群を抜いた作り込みです。

デザインは荒川健氏をチーフに、後にルノーに移籍した岡崎純氏、コンセプトカーの「KOERU」とまとめた小泉巌氏と、当時の若手実力派が腕を振るったといいます。

いわば、クーペ調セダンの先駆けのボディは、あのジョルジョット・ジウジアーロに「コンパクトクラスでもっとも美しいセダン」と評されました。この流麗なボディは何と5ナンバーサイズ!

当時のマツダは「ときめきのデザイン」を掲げており、ユーノス500はある意味そのコンセプトをもっとも忠実に表現していたと言えます。マツダが誇る高いモデリングの実力は、すでにこのとき確立していたのです。

5チャンネルは解体しましたが、ユーノス500の精神は後の会心作である初代アテンザに引き継がれます。つまり、いまをときめく魂動デザインの原点とも言えるのです。

●主要諸元 ユーノス500 20F

形式 E-CAEPE
全長4545mm×全幅1695mm×全高1350mm
車両重量 1230kg(4AT)
ホイールベース 2610mm
エンジン 1995cc V型6気筒DOHC 24バルブ
出力 160ps/6500rpm 18.3kg-m/5500rpm

(すぎもとたかよし)

【ネオ・クラシックカー グッドデザイン太鼓判!】 第1回・マツダデザインの原点となったユーノス500(http://clicccar.com/2017/05/13/471947/)

【関連記事】マツダが今年中に発売するCX-8、CX-9やCX-5とどう違う?マツダ「CX-8」を日本導入、3列シートのSUVで2017年中に発売開始新型国産スポーツカーが続々登場!ホンダ「プレリュード」も復活か?