アウディA5、スポーツバックとクーペはそれぞれ高級感を増して登場した!【Audi A5試乗】

アウディA5、スポーツバックとクーペはそれぞれ高級感を増して登場した!【Audi A5試乗】

アウディA5、スポーツバックとクーペはそれぞれ高級感を増して登場した!【Audi A5試乗】の画像

アウディのDセグメントモデルであるA5シリーズには、2ドアのクーペ、5ドアのスポーツバック、オープンのカブリオレが用意されています。今回の取材ではクーペとスポーツバックが用意されました。

クーペは9年ぶり、スポーツバックは7年ぶり、カブリオレは8年ぶりのフルモデルチェンジを受けて、2代目に移行しました。またすべてのボディタイプに、スポーティグレードにあたるS5も用意されています。

日本に輸入されるA5の搭載エンジンは4気筒2リットルターボのみで、FF用が190馬力/320Nm、クワトロ(4WD)用が252馬力/370Nmという設定。一方、S5用のエンジンは354馬力/500Nmとなっています。組み合わされるミッションはA5用がデュアルクラッチのSトロニックで7速、S5用がマニュアルシフト可能な従来型トルコンATの8速ティップトロニックとなっています。

FFモデルはスポーツバックにのみ用意され、ボトムグレードのA5スポーツバック2.0TFSIと上級のA5スポーツバック2.0TFSIスポーツが設定されます。スポーツバックの4WDは上級となるA5スポーツバック2.0TFSIスポーツのみで、S5スポーツバックもものグレードです。

クーペはA5クーペ2.0TFSIと、S5クーペの2種、カブリオレもA5カブリオレ2.0TFSIとS5カブリオレの2種となります。なおA5シリーズは右ハンドルのみ、S5シリーズは左右のハンドル位置の選択が可能です。

もともと高級感のあったA5シリーズですが、この2代目はさらに高級感を増したモデルへと生まれ変わっています。

(諸星陽一)

【関連記事】Audi A5試乗
のびのびした美しいサイドライン、意外と使えるクーペのリヤシートで好印象https://clicccar.com/2017/05/17/473272/

しっかりボディとフラットで乗り心地の良い走りを実現https://clicccar.com/2017/05/17/473328/

アウディA5、スポーツバックとクーペはそれぞれ高級感を増して登場した!【Audi A5試乗】(http://clicccar.com/2017/05/26/471965/)

【関連記事】しっかりボディとフラットで乗り心地の良い走りを実感【Audi A5試乗】のびのびした美しいサイドライン、意外と使えるクーペのリヤシートで好印象【Audi A5試乗】これが市販バージョンだ!アウディ旗艦SUV「Q8」の予想CG