販売台数世界一奪還を目指すトヨタ、新車開発を小型車メーカーから学ぶ姿勢を鮮明に!

販売台数世界一奪還を目指すトヨタ、新車開発を小型車メーカーから学ぶ姿勢を鮮明に!

販売台数世界一奪還を目指すトヨタ、新車開発を小型車メーカーから学ぶ姿勢を鮮明に!の画像

5月10日、トヨタ自動車(以下トヨタ)の2017年3月期決算発表会に臨んだ豊田章男社長は、冒頭の挨拶で「もっといいクルマづくりの原点はコンパクトカーにある」と語りました。

コンパクトカーは小さなボディや小排気量、コストなどの多くの制約の中で魅力的な商品を生み出す必要があり、もっといいクルマを「賢く」つくるという点で原点になるというもの。

そうしたなか、同社は2016年4月に「Toyota Compact Car Company」を立ち上げ、同年8月にダイハツ工業を完全子会社化しており、さらに10月にはスズキとの業務提携に向けて合意しています。

2017年1月にはダイハツ工業を主体とした「新興国小型車カンパニー」を設立するなど、これら一連の動きからもトヨタがコンパクトカーを通して、クルマづくりの基本に立ち返ることを目的にしていることが窺えます。

おりしも米国市場では、ガソリン安を背景にSUVやピックアップ系の人気が高まっており、セダン系(HV、PHV含む)の販売低迷が顕在化するなか、排ガス擬装問題から復活を遂げるVWが中国市場で快走。

世界販売台数で2位のポジションとなったトヨタとしては、新車販売の主力をアジア市場に向ける必要が出てきたことから、コンパクトカーの商品力向上が喫緊の課題になっています。

ダイハツ工業が担う役割りは今後一層重要になると予想され、今回のコンパクトカーへの回帰宣言ともとれる豊田社長のコメントの言外には、将来への思いが込められているようです。

そうしたなか、ダイハツ工業が5月9日に発売した新型ミラ イースでは、「DNGA」第一弾となる新プラットフォーム採用などで、80万円を切る車両価格で30km/Lの燃費を実現しています。

トヨタにとっては、制約の多い中で開発されている軽自動車から学ぶことも少なくないようで、2019年の登場が予想される次期カローラにも、数々の知恵が活かされことになるものと予想されます。

(Avanti Yasunori・画像:TOYOTA、DAIHATSU)

【関連記事】

豊田章男社長が決算報告会で語った「不退転の決意」とは?
https://clicccar.com/2017/05/12/471474/

トヨタ・カローラの次期モデルに本格「スポーツハッチ」設定か?
https://clicccar.com/2017/04/19/464390/

次期カローラは大イメチェン!? 誕生50年で出た秘話、実話!
https://clicccar.com/2016/10/23/410731/

トヨタとスズキが共同会見。提携の噂はやはり本当だった!
https://clicccar.com/2016/10/13/407107/

トヨタ自動車がダイハツ工業の完全子会社化を正式発表!
https://clicccar.com/2016/01/30/351768/

【関連リンク】

ダイハツ ミラー イース
https://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_e-s/index.htm

販売台数世界一奪還を目指すトヨタ、新車開発を小型車メーカーから学ぶ姿勢を鮮明に!(http://clicccar.com/2017/05/15/472357/)

【関連記事】2020年に「AI」で自動運転が実現?NVIDIAがトヨタとの提携を発表!各車の違いはどこ?ダイハツ・トヨタ・スバルからミライース「兄弟」が出そろう豊田章男社長が決算報告会で語った「不退転の決意」とは?