トヨタグループが「空飛ぶクルマ」の開発活動「CARTIVATOR(カーティベーター)」に約4200万円出資へ

トヨタグループが「空飛ぶクルマ」の開発活動「CARTIVATOR(カーティベーター)」に約4200万円出資へ

トヨタグループが「空飛ぶクルマ」の開発活動「CARTIVATOR(カーティベーター)」に約4200万円出資への画像

長い渋滞中に愛車が「空を飛べたらなぁ」と想像したことありませんか? 混雑する時間帯に延々と続く車列を眺めていると、そんなことを夢想してしまいます。

そんな夢を実現しようと、動いている日本の若手技術者達がいます。

トヨタを中心に、自動車会社に勤める若手の有志活動からスタートしたという一般社団法人の「CARTIVATOR(カーティベーター)」は、2020年に向けて「空飛ぶクルマ」の開発を目指しています。

今回、トヨタグループ15社が「CARTIVATOR(カーティベーター)」に対し、今後3年間で総額4,250万円の支援をすると発表しました。トヨタからのお墨付きを得たということで、単なる夢想ではなく本当に「空飛ぶクルマ」が技術的に可能になるか注目が集まります。

実際に新たなモビリティとして実現できるかは、免許制度や法整備など「完全自動運転」以上にハードルは高そうですが、夢を描かなければ何事もなしえないのも事実でしょう。

先述したように、CARTIVATOR(カーティベーター)は、若手技術者・ベンチャー関係者を中心に、空飛ぶクルマの開発を行う有志の活動です。今回の支援は、トヨタグループが創業より掲げている「モノづくりは人づくり」という考えのもと、日本の若手技術者による次代のクルマ製作を支援するために実現したものだそう。

支援を受けたことで、「CARTIVATOR Resource Management」は、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会開会式での空飛ぶクルマによる聖火点灯を目指し、より一層の技術開発の加速に取り組んで行くとしています。

(塚田勝弘)

トヨタグループが「空飛ぶクルマ」の開発活動「CARTIVATOR(カーティベーター)」に約4200万円出資へ(http://clicccar.com/2017/05/15/472612/)

【関連記事】販売台数世界一奪還を目指すトヨタ、新車開発を小型車メーカーから学ぶ姿勢を鮮明に!2020年に「AI」で自動運転が実現?NVIDIAがトヨタとの提携を発表!各車の違いはどこ?ダイハツ・トヨタ・スバルからミライース「兄弟」が出そろう