マツダの新世代商品群に標準化される先進安全技術とは?

2020年に100周年を迎えるマツダ。2017年3月、新世代商品群(ロードスターをのぞく)を対象に、先進安全技術「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」を今年度中に標準化することを発表しました。

具体的には、デミオ、CX-3、アクセラ、アテンザ、CX-5が対象で、今年中にも日本に導入される3列シートSUVのCX-8にも、「アイ・アクティブセンス」が標準装備化されるはず。

こうした流れを受けて、東京・お台場で「マツダ安全取材会」が開催されました。

ドライビングはもちろん、クルマの安全性についても「人間中心」を掲げるマツダでは、正しい運転は「正しい認知」、「正しい判断」、「正しい操作」があってこそ実現できるものとして、視認性(運転環境)やドライビングポジションといった基本を抑えることに注力しています。

こうしたベースに加えて、衝突回避支援・被害軽減技術(衝突被害軽減ブレーキ、AT誤発進抑制制御)、認知支援技術(ブラインド・スポット・モニタリング/BSM、リヤ・クロス・トラフィック・アラート/RCAT)を2017年度中に標準装備化すると表明しているワケです。もちろん、万一の衝突時のパッシブセーフティも最後に控えています。

「マツダ安全取材会」では、衝突被害軽減ブレーキとAT誤発進抑制制御からなる「アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート」」、「スマート・シティ・ブレーキ・サポート(後退時)/SCBS R」、「交通標識認識システム(TSR)」、「ブラインド・スポット・モニタリング(BSM)」を体験試乗もしくは同乗走行できた上に、高齢ドライバーを想定した状態(高齢者疑似体験)で運転席への乗降、ドライビングポジションや視界の確認も体感できましたので、各項目について別途ご紹介していきます。

(文/塚田勝弘 写真/小林和久)

マツダの新世代商品群に標準化される先進安全技術とは?(http://clicccar.com/2017/05/16/472746/)

【関連記事】独・コンチネンタル、初の日本メーカー向けとしてマツダ車のコンバイナーHUDを生産開始【ネオ・クラシックカー グッドデザイン太鼓判!】 第1回・マツダデザインの原点となったユーノス500BMW・3シリーズよりも幅広になったミニ史上最大のMINIクロスオーバー【MINI CrossOver】