米国車で2番目。ジープ・グランドチェロキーがエコカー減税対象車に

米国車で2番目。ジープ・グランドチェロキーがエコカー減税対象車に

米国車で2番目。ジープ・グランドチェロキーがエコカー減税対象車にの画像

ジープの最高峰モデルである「Jeep Grand Cherokee(ジープ・グランドチェロキー)」の「ラレード」、「リミテッド」、「サミット」の3グレードがエコカー減税対象車になると発表されました。

今回のグランドチェロキーのエコカー減税対象車は、アメリカ車のガソリン車としては2番目。同認定を最初に取得したのは同じジープの「ジープ・チェロキー・トレイルホーク」になります。

グランドチェロキーに搭載されるペンタスターV6エンジンは、エコカー減税対象の認定取得に必要な燃費・排ガス基準に適合し、自動車取得税は20%軽減、自動車重量税は25%軽減されます。

ジープ・ブランドを統括するマイク・マンリー氏は、「今回のエコカー減税獲得により、グランドチェロキーが持つSUVのフラッグシップとしての位置づけが改めて確認されました。チェロキーに続く今回の達成は、オフロード走行同様に、ジープだけがジープを追うことができることを示しています」とコメント。

ベースとなったエンジンは、エンジニアリング分野の有名な賞「10ベストエンジンズ」(米ワーズオートワールド誌主催)に3年連続で選ばれています。

新しい「ペンタスター」エンジンは、2段階可変バルブタイミング装置(VVL)による燃費向上が加わったことになります。同システムはより大きなパワーを必要とする時まで、バルブリフトを少なくするように設計。

パワーが必要な際は、バルブリフトを増やすことで、より多くの空気をシリンダーに送り、結果としてエンジンのポンピングロスが抑制されます。

同エンジンに加えて、スムーズなシフトを実現するグランドチェロキーの「トルクフライト」8速ATとの組み合わせ、START&STOPシステムの設定により燃費向上に貢献し、さらに低排出ガス認定レベルの4つ星を取得できたことで今回のエコカー減税を達成しました。

日本でのジープ新規登録台数は、2016年に9,388台の過去最高を記録し、前年度比31.7%の大きな成長を遂げています。

(塚田勝弘)

米国車で2番目。ジープ・グランドチェロキーがエコカー減税対象車に(http://clicccar.com/2017/05/16/472807/)

【関連記事】「ジープ」と「ベイクルーズ グループ」がコミュニティプロジェクト「CREATIVE GARAGE」をスタート悪路走行を得意とするジープ・グランドチェロキーの限定車「トレイルホーク」が発売「自分ならではのジープ」を作れる「Make My Jeep」が、ジープ・グランドチェロキー・SRT8にも登場