トヨタが多機能トイレの情報提供サービスを「TCスマホナビ」で開始

トヨタが多機能トイレの情報提供サービスを「TCスマホナビ」で開始

トヨタが多機能トイレの情報提供サービスを「TCスマホナビ」で開始の画像

身体の不自由な方や赤ちゃん連れの方にとって欠かせない多機能トイレ。身体の不自由な方には不可欠なトイレであることはもちろん、最近でこそ男子トイレにもオムツ交換台やベビーキープ(赤ちゃん用の椅子)が徐々に増えてきましたが、イザという時に多機能トイレがなくて困ったパパもいるのではないでしょうか?

トヨタは5月15日、スマホ向けのナビゲーションアプリ「TCスマホナビ(iPhone、Android対応)」に、全国の高速道路、一般道路の休憩スポットや公共・文化施設などに設置されている「多機能トイレ」情報の検索やルート案内を提供するサービスを追加すると発表しました。

「多機能トイレ」とは、車いす利用者が利用できる広さや手すりなどに加えて、おむつ替えシート、オストメイト対応などを備えて、車いす利用者だけではなく、高齢者、障がい者、子ども連れなど多様な人が利用可能なトイレ。

同サービスは、車いす利用者など身体の不自由な方にも、クルマでもっと快適かつスムーズに移動してもらうのを目的に、高速道路のサービスエリアやパーキングエリア、ハイウェイオアシスをはじめ、道の駅や市役所、博物館や美術館、ウェルキャブステーション(福祉車両の「ウェルキャブ」を体感できるトヨタの販売店店舗)などを対象に「多機能トイレ」の位置情報(約19,000件)が提供されるサービスです。

多機能トイレの位置が分かるだけでなく、自車位置付近にある対象施設の位置情報をスマホの画面に表示し、対象施設までの最適なルート案内にも対応。さらに、対象施設におけるバリアフリー対応駐車場の有無や、「多機能トイレ」の入口段差の有無、手すりの位置や形状などの詳細情報が提供される対象施設もあります。

トヨタでは、2015年5月〜2017年3月までの約2年間、東海3県(愛知・岐阜・三重)で、「T-Connect」および「Lexus G-Linkナビゲーション」向け専用アプリ「APPs(アップス)」のラインアップとして、アプリ「多機能トイレナビ」を設定し、サービスを提供してきた実績があるそう。

今回、「多機能トイレ」情報を網羅する地域を全国にまで拡げるとともに、誰もがスマホで無料サービスを利用できるように使い勝手を向上。同社では今後もユーザーのカーライフやモビリティライフを支援するツールとして、「TCスマホナビ」のサービスをさらに充実させるとしています。

(塚田勝弘)

【関連リンク】

iPhone用
https://itunes.apple.com/jp/app/id1154773775?mt=8

Android用
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.toyota_ms.TcSpNavi

トヨタが多機能トイレの情報提供サービスを「TCスマホナビ」で開始(http://clicccar.com/2017/05/16/472857/)

【関連記事】スマホで新型プリウスPHVをコントロール!? 3年間無料で使える「Pocket PHV」とは?トヨタグループが「空飛ぶクルマ」の開発活動「CARTIVATOR(カーティベーター)」に約4200万円出資へ販売台数世界一奪還を目指すトヨタ、新車開発を小型車メーカーから学ぶ姿勢を鮮明に!