自動車メーカー初の純正「Android Auto」対応アプリを三菱自動車が配信

自動車メーカー初の純正「Android Auto」対応アプリを三菱自動車が配信

自動車メーカー初の純正「Android Auto」対応アプリを三菱自動車が配信の画像

携帯電話とカーナビを接続させて、多彩なアプリなどが使える携帯電話連携。かなり以前から市販ナビなどで普及していて、ここ数年は「スマホ連携」に移行し、カーナビメーカーだけでなく、自動車メーカーも本腰を入れています。

スマホ連携は、カーナビメーカーや自動車メーカーが進めているオリジナルのアプリのほか、iPhone(iOS)の「Apple CarPlay」、Androidの「Android Auto」の二大勢力があります。

5月16日、三菱自動車は「三菱自動車 電動車両サポート」会員専用の充電スポット検索スマホ向けアプリ「電動車両サポート」を、「Android Auto」でも使用できるよう機能を拡充し、「Google Play」でのソフトウェア配信を開始したと発表しました。

自動車メーカーとして純正で「Android Auto」対応アプリを配信するのは三菱自動車が初めてとなるそうです(2017年5月16日時点、同社調べ)。

「Android Auto」は、Androidスマートフォンと車載ディスプレイを連携させ、ナビゲーション、電話、メッセージの送受信、音楽といったスマホ機能にドライバーが安全かつ容易にアクセスするためのシステム。

「電動車両サポート」アプリをインストールしたAndroidスマートフォンを、2017年型のアウトランダーPHEVに設定される「スマートフォン連携ディスプレイオーディオ(SDA:Smartphone Link Display Audio)」につなぐことで、刻々と変わる最新情報を元にした充電スポットの検索や、リアルタイムの満空状態(利用中、休止中)の確認などを「SDA」の画面上で行えます。

また、検索した充電スポットを「Googleマップ」と共有することで、ルート案内の目的地に設定することもできます。

(塚田勝弘)

自動車メーカー初の純正「Android Auto」対応アプリを三菱自動車が配信(http://clicccar.com/2017/05/17/473032/)

【関連記事】トヨタが多機能トイレの情報提供サービスを「TCスマホナビ」で開始スマホで新型プリウスPHVをコントロール!? 3年間無料で使える「Pocket PHV」とは?日常生活では「ほぼEV」として使えそう!? 三菱・アウトランダーPHEVの「実燃費」はどのくらい?【公道試乗】