悲願のル・マン初優勝へ向け、トヨタがドライバー編成を変更!【WEC第3戦ル・マン24時間耐久レース】

悲願のル・マン初優勝へ向け、トヨタがドライバー編成を変更!【WEC第3戦ル・マン24時間耐久レース】

悲願のル・マン初優勝へ向け、トヨタがドライバー編成を変更!【WEC第3戦ル・マン24時間耐久レース】の画像

残り3分まで誰もがトヨタ悲願の初優勝を信じた2016年ル・マン24時間耐久レース。あれからもう、1年が経とうとしています。

今年のル・マンに向けて、トヨタはドライバー編成の変更を発表しました。

ル・マンはWEC(世界耐久選手権)の第3戦として開催されるシリーズ唯一の24時間耐久レース。今年で85回目となる伝統的なレースでもあり、F1モナコGP、インディ500と並ぶ「世界三大レース」と言われています。

WECには全部で4つのクラスがあり、トヨタが参戦しているLMP1-Hクラスはハイブリッドカーでの参加義務があり、最新のハイブリッド技術を駆使しながら総合優勝を目指します。

このLMP1-Hクラス、昨シーズンまではポルシェ・アウディ・トヨタの3メーカーで争われていたのですが、今シーズンからアウディが撤退。ポルシェとトヨタの一騎打ちとなりました。

2017年WEC開幕戦シルバーストーンと第2戦スパでは、トヨタ8号車が見事2戦連続優勝! ル・マンに向けて幸先の良いスタートを切り、より一層総合優勝への期待が高まっています。

絶好調のトヨタですが、小林可夢偉選手、マイク・コンウェイ選手とともに今シーズンの7号車をドライブするホセ・マリア・ロペス選手が開幕戦シルバーストーンの決勝レース中にクラッシュ。第2戦スパの欠場を余儀なくされ、小林選手とコンウェイ選手2人で6時間耐久レースを戦いました。

その結果、ル・マンに向けて充分な走行経験を積むことができなかったことを考慮し、トヨタは急遽ドライバーの編成を発表。

ロペス選手に代わり、7号車のステアリングを握るのは昨シーズン小林選手とコンウェイ選手と共に戦ったステファン・サラザン選手。昨年のル・マンでは2位、そして富士6時間では優勝し、3人の息もぴったりです。同じメンバーでル・マンに再び挑戦するということは、なんだか嬉しいですよね。

8号車のドライバーは中嶋一貴選手、セバスチャン・ブエミ選手、アンソニー・デビッドソン選手の3名で変更はなく、昨年の雪辱をぜひ果たしてほしいです!

そして第2戦スパから参戦している9号車には、国本雄資選手、ニコラス・ラピエール選手そして当初7号車でドライブする予定だったロペス選手が加わり、合計3台でル・マン総合優勝を目指します。

ル・マンの終了後、チームは再び2台体制でWECチャンピオン獲得に向け、以降のシーズンを戦うことになります。第4戦以降は、ロペス選手は小林選手、コンウェイ選手と共に再び7号車をドライブすることとなります。

今回のチーム変更に伴いTOYOTA GAZOO Racing代表、佐藤俊男氏よりコメントが届いています。
「 ホセ・マリアの開幕戦での負傷、第2戦欠場という結果を受けて、ここ数週間で状況が変わりました。彼は残念ながら今年、WECで僅かな周回しかレースを戦っていません。そのため、我々はドライバーラインナップの変更を検討いたしました。ステファンが7号車のドライバーとして加わることで、必ず勝利を争ってくれると確信しています。ホセ・マリアは雄資同様に今年のル・マンで、コースやイベントなど、多くのことを学ぶでしょう。そしてそれは将来へ向けての貴重なステップとなることでしょう。」
ル・マン24時間耐久レースは6月17日・18日にフランスのサルト・サーキットで行われます。

昨年と同じメンバーでリベンジを誓う7号車と8号車、そして新たに9号車が加わり、パワーアップしたトヨタ。今年こそ、悲願の初優勝を達成することができると信じています!

(yuri)

悲願のル・マン初優勝へ向け、トヨタがドライバー編成を変更!【WEC第3戦ル・マン24時間耐久レース】(http://clicccar.com/2017/05/18/473113/)

【関連記事】トヨタが多機能トイレの情報提供サービスを「TCスマホナビ」で開始スマホで新型プリウスPHVをコントロール!? 3年間無料で使える「Pocket PHV」とは?トヨタグループが「空飛ぶクルマ」の開発活動「CARTIVATOR(カーティベーター)」に約4200万円出資へ