目玉はパナメーラ「LEDストリップ」とPHV!ポルシェ・マカン改良型をキャッチ

ポルシェのコンパクトクロスオーバーSUV「マカン」改良型プロトタイプを再びキャッチしました。

エクステリアの変更は、ヘッドライトのグラフィック、より大型のスポイラー、フロント&リアバンパーですが、最大の注目は左右テールライトを細いLEDで繋ぐポルシェ最新世代のテールライト「LEDストリップ」で、プロトタイプにはLEDを隠すようなカモフラージュも見られます。

インパネには、やはり新型パナメーラから流用される12インチタッチスクリーンPCM(ポルシェ・コミュニケーション・マネジメント)を搭載し、コネクティビティもアップデートされると思われます。

パワートレインはキャリーオーバーされる可能性が高いですが、V6エンジンにモーターを組み合わせ、320ps〜340psを発揮するPHVがラインナップされるはずです。

改良型は2017年秋頃、PHVモデルは遅れて2017年内から2018年初頭に登場が期待出来そうです。

(APOLLO)

目玉はパナメーラ「LEDストリップ」とPHV!ポルシェ・マカン改良型をキャッチ(http://clicccar.com/2017/05/21/473670/)

【関連記事】アウディ・クーペSUV第二弾。「Q4」のレンダリングCGを入手BMW・M2も超える400psを発揮!? BMW1シリーズ最強「M140i」、次期型にも設定へレクサス×BMWで計画進行!? 初のプレミアムコンパクトは300万円以下で発売か?