復活を遂げたフェラーリ特集!SF70Hを産み出した「B・B体制」とは?【F1速報×F1女子〜スペインGP号〜】

復活を遂げたフェラーリ特集!SF70Hを産み出した「B・B体制」とは?【F1速報×F1女子〜スペインGP号〜】

復活を遂げたフェラーリ特集!SF70Hを産み出した「B・B体制」とは?【F1速報×F1女子〜スペインGP号〜】の画像

2017年F1第5戦スペインGPは波乱のスタートで幕を開け、タイヤ戦略の違うルイス・ハミルトン選手(メルセデス)とセバスチャン・ベッテル選手(フェラーリ)の戦いには、ドキドキしっぱなしでしたよね。

一方、予選後のトップ3インタビュー方式やフェラーリファン少年のサプライズなど、新しいF1スタイルが垣間見え、心がほっこりしたグランプリでもありました。

5月18日(木)発売の「F1速報スペインGP」の内容はドキドキ?それともほっこり?早速、見ていきましょう!

■森脇基恭の〇と×

私が毎号楽しみしているのが「森脇基恭の〇と×」。F1解説でお馴染みの森脇基恭さんが、レースについて〇と×で評価するコーナーなのですが、自分でも「〇と×」をつけ、森脇さんと一緒の所はあるかチェックしながら読むととっても面白いんです!

今回のスペインGPについて「正直言って、×の要素を探すのが難しいレースだったな、というのが第一印象です」と語る森脇さん。

優勝をかけたハミルトン選手とベッテル選手のバトル、4位と5位に入ったフォースインディア、たった一人だけ1ストップ作戦で走り、難しいサーキットでタイヤをもたせたパスカル・ウェーレイン選手(ザウバー)……などなど、〇候補がずらりと出てきました。

その中でも最大の〇がついたのは、勝者ハミルトン選手でした。
「前戦のロシアがいいところなしの完敗という流れがあったのですが、メルセデスはノーズの格好まで変更した大幅なアップデートをしてきました。もう、なりふり構っていないくらいのことをチームがしてくれたわけです。そこでハミルトンはしっかりそれに応えた。1戦だけでよくカムバックしたと思いますし、スランプを引きずらなったにはさすがですね。今回の素晴らしいレースは、チーム力や開発力以上にハミルトンの『ドライバー力』が際立っていたと思います」

また、予選後にグランドスタンド前でインタビューをやるなど、バーニー・エクレストン時代とは違う趣向を展開していこうという意思を見せたFOG(フォーミュラ・ワン・グループ)についても言及しています。
「バーニーとは私も良く話をした仲ですから、彼がF1を完全にプロフェッショナルなものにして、皆が憧れる雲の上のような世界、オリンピックのような価値の高さを目指してきたことについては理解しています。ただバーニーのやり方では『やってみなければ分からないんだから、新しいことをやって試してみようよ』というトライができなくなっていたことが×だったんですね」

「リバティ・メディアによる新しいFOGになって変わる可能性が見えてきた、それはいいことだと思いますね」
そして最後に、もう一人〇をつけた人物がいました。
「ドライバー視点を活かした、ペドロ・デ・ラ・ロサの表彰式インタビューは素晴らしいものだったと思います。これは〇です」
個人的には号泣するフェラーリ少年を最高の笑顔にしたフェラーリスタッフ、少年を映したカメラマン、探し出したFOG、そしてリタイアしたにも関わらず笑顔で少年に接したキミ・ライコネン選手に「花丸」をつけたいです!

9年ぶりのタイトル奪還を目指すフェラーリ

開幕戦からメルセデスと素晴らしいレースを繰り広げ、完全復活を遂げたフェラーリの特集も見逃せません!

ここ数年停滞していたフェラーリが、最強王者のメルセデスとチャンピオンシップ争いができるようになったのはなぜか? ライターのマシアス・ブルナー氏がどどーんと10ページにわたり解説しています。その一部を少しだけ紹介しますね。

メルセデスと対等に戦えるマシンを作り出した大きな要因は、ある2つの出来事がキーポイントとなったと語るブルナー氏。

まず1つ目が2000年から2004年まで5年連続ダブルタイトル獲得という黄金時代を築いた南アフリカ出身の伝説的デザイナー、御年73歳のロリー・バーンの参加。バーンの助言はテクニカルチームにとって大きな財産&武器になっているのだそうです。

そしてもう1つが、パワーユニット部門を率いていたマッティア・ビノットがチーフテクニカルオフィサーに就任したこと。ビノットは、いつももの静かでチーム全員に慕われており、ドライバーがマシンに何を求めているかを理解し、より広い視野で全体を見渡す能力があるのだとか。

このB・B体制(マッティア・ビノット、ロリー・バーン体制)が産み出したSF70Hは、どんなタイプのサーキットにもすぐ適応でき、ドライバー達、特にライコネン選手にとって理解しやすいフィードバックの得られるマシンになったのだそうです。

このマシンのもうひとつの長所として注目されているのが「先行するライバルの背後に接近して走れる」こと。これについて、ブルナー氏は以下のように解説しています。
歴代のレッドブルマシンはベッテルとマーク・ウェバーのコンビだった時代から、単独でクリーンな気流のなかを走る時に本来の空力的パフォーマンスを発揮し、逆にトラフィックのなかでは苦戦することが多かった。そして、過去3年間のハミルトンとニコ・ロズベルグが乗ったメルセデスにも、これと同様の傾向が見られた。これに対して今季のフェラーリは、他のマシンの後方乱流に入ってもダウンフォースが激減しないようにデザインされているらしいのだ。おそらく、これはマシンの空力設計の思想の違いによるものだ。
そして今シーズンのフェラーリは、戦略面でも確実に進歩を遂げていると言います。
バーレーンGPでは先手を打ってベッテルをピットに呼び入れ、メルセデス陣営にプレッシャーをかけることができた。昨年までとは大違いだ。これまでのフェラーリは、ただライバルが先に動くのを待ち、それに反応するばかりで、しかもその反応の仕方が間違っていることが多かったのだ。しかし、今年はリアクションするのではなく、自らアクションを起こしている。これこそチャンピオンの戦い方だ。

フェラーリ特集には、ベッテル選手の独占インタビューもありました! 今シーズン2勝をあげ、ドライバーズランキング1位のベッテル選手はチャンピオンになるために、王者メルセデスをどうやって打ち負かすつもりなのでしょうか。
「簡単さ。しっかり集中してたゆまぬ努力を続け、すべての開発を的確に行うこと。さらに、レース戦略においても正しい方向を見据え、信頼性も上げて、あとは幸運の女神からちょっとした『後押し』も必要だね。僕自身は、これまでどおり自分のモットーを貫くつもりだ。ひとつひとつ目の前のレースだけに集中して、ポイント獲得やチャンピオンシップをリードすることを考えたりはしない。夏の終わり頃に、ようやくランキングを意識し始めるつもりだ。そこからタイトル争いについても考えるだろうね」

次戦はいよいよモナコGP(5月28日)です。大好きなジェンソン・バトン選手の走りをまた見られると思うと、私が走るわけでもないのになぜか緊張してきちゃいました。フェルナンド・アロンソ選手(マクラーレン)のインディ500も楽しみですよね。

次号、モナコGP号の表紙はバトン選手になりますよーに!

(yuri)

復活を遂げたフェラーリ特集!SF70Hを産み出した「B・B体制」とは?【F1速報×F1女子〜スペインGP号〜】(http://clicccar.com/2017/05/22/473775/)

【関連記事】ハミルトン今季2勝を果たすと同時に、フェラーリが号泣少年を笑顔にした粋な計らいとは?【2017F1第5戦スペインGP】「もう、セカンドなんて言わせない!!」初優勝のボッタスが内に秘めた想いを語る!【F1速報×F1女子〜ロシアGP号〜】いつだって冷静なボッタスがF1参戦81戦目でついに初優勝!優勝の瞬間に見せた姿とは?【2017F1第4戦ロシアGP】