【ネオ・クラシックカー グッドデザイン太鼓判!】第2回・スポーティでありながら極めて実用的、クイント インテグラ

80〜90年代のネオ・クラシックな日本車から、グッドデザインなクルマを振り返る本シリーズ。第2回目は、斬新なTVCMも話題となったホンダの野心作に太鼓判です。

1985年、山下達郎の爽やかな歌声とともに登場したクイント インテグラ(以下:インテグラ)。CR-Xやビートなど、スポーティな人気者達に隠れがちな存在ですが、実は相当にグッドルッキングな意欲作でした。

同時期のアコードに準じ、フロントはリトラクタブルライトと二分割グリルで個性を発揮。低いボンネットからつながるサイドボディもスリムですが、ショルダーラインの柔らかい「折れ」が、ボディに豊かな厚みを与えます。

後席の居住性を考慮し、スリムなボディにはビッグキャビンが載ります。しかし、端正なピラーとサイドグラフィック、さらには広大なリアウインドウによって重さを感じない絶妙なバランス。その意味では、5ドアこそがクイント本来のスタイルではないかと思わせるところです。

ハイデッキのリアは、シンプルな横長のランプと車名を配したパネル面の組み合わせが、独特の先進感を醸し出します。

そして、フロントやボディ外周、ガラス枠など要所に配された「黒」が、ビビッドなボディカラーを引き締めているのが見所。光り物を廃したこの演出が、インテグラに高い質感を与えました。

また、インテリアは広大なスラント面とメーターとのメリハリが、まったく新しい試みを表現しています。

デザイン開発は、当時のシティやシビックなどを担当した在間浩氏がチーフ。「ヤング・アコード」として、プレリュードよりもカッコよく、居住性も満たし、一切の妥協を廃しつつ、アキュラ名で展開する北米のスタジオと共同作業となりました。

たしかに、リトラクタブルの低いフロントはアメリカ車を想起しますが、一方で、ボディ全体に漂うクリーンかつプレーンな印象はどこか欧州車のイメージもあります。

スポーティでありながら極めて実用的。その端正なボディは、明快な意志がなければできないデザインなのです。

●主要諸元 クイント インテグラ5ドア GSi
形式:E-DA1
全長:4350mm×全幅1665mm×全高1345mm
車両重量:990kg(5MT)
ホイールベース:2520mm
エンジン:1590cc 4気筒DOHC 16バルブ
出力:120ps/6500rpm・14.0kg-m/5500rpm

(すぎもとたかよし)

【関連記事】

マツダデザインの原点となった、ユーノス500
https://clicccar.com/2017/05/13/471947/

【ネオ・クラシックカー グッドデザイン太鼓判!】第2回・スポーティでありながら極めて実用的、クイント インテグラ(http://clicccar.com/2017/05/21/474069/)

【関連記事】水素ステーション拡充で年内に新会社設立!トヨタ、ホンダ、日産など11社が協力ホンダが2シーター・オープンスポーツ「S660」特別仕様車を期間限定で発売!ホンダ・Rebel(レブル)が販売開始!250にも乗ってみたら日本にピッタリの乗りやすさになっていた!