セルボ、ミラージュ、RX-7もエンジンは後ろへ! 無ければ作る、自作ミッドシップを作った勇者たち[前編]

セルボ、ミラージュ、RX-7もエンジンは後ろへ! 無ければ作る、自作ミッドシップを作った勇者たち[前編]

セルボ、ミラージュ、RX-7もエンジンは後ろへ! 無ければ作る、自作ミッドシップを作った勇者たち[前編]の画像

国産ミッドシップ車といえば、まず最初に登場したのは、皆さんご存知、MR2。その後は、NSX、AZ-1、ビート、MR-Sと続々登場しました。が、この記事の1983年10月号(発売は8月26日)の時点では、まだ1台も国産ミッドシップは発売されていないのです。初ミッドシップのMR2でさえ、発売されたのは1984年ですから。

そんな時代に超改造された自作チューンド・ミッドシップの特集です。オモチャ感覚、ドラッグ常勝ネライ、タイムアタック用・・・などなど。では、その【前編】を見てみましょう。
FRやFFなんて吹っ飛ばせ!
ザ・ミッドシップ

本格的走りの旋風児、FISCO初テスト! ド肝を抜くREパワーのミニ・パンテーラ
セルボREターボ by RE雨宮自動車

今度のフロンテは、ルノー5ターボやレーシングカーのサスペンションを研究して作ったんだ。オーバーステアも強くなく、逆に限界まで攻めるとアンダーが出るくらい。直進性もまずまずだよ。エンジンは12Aロータリーターボだから、速い。でも6000rpm以上でクラッチが滑ったから、ゼロヨンがやれなかったッス。しかし、ゼロヨン12秒台、最高速240km/hは間違いないッスよ!

ショーモデルとして作ったけど、意外に走るよ!
ミラージュUミッド・ターボ by 長嶋自動車

エンジンはミラージュ1600GTのサターン製、これにHKS製T04キャブターボを使用する。ユニット自体の大幅な改良はなく、いってみればサターン+ボルトオンターボというところ。ミッションも、ミラージュ用がそのまま流用されている。このマシンは、ショーモデルとしてボディモディファイを中心に製作されたが、レースにはぜひ出場してみたい!という意向から、2号車の登場が待ち望まれる。

シェブロンベースのレーシング・ドラッグ
エンデューロRX-7 by サンユー・レーシング

ワンピースタイプのカウルを外すと、レーシングカーのようなシャシーがむき出しになる。それもそのはず、シャシーはかつてのシェブロンのもので、それをオリジナルでモディファイしたものだ。つまり、メインフレームをアルミ52Sとアルミパイプで製作し、サブフレームをパイプで組む、という本格派だ。使用されるエンジンは、ロータリー13Bペリ。ウェーバー51φのキャブが装着され、パワーは280psだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昔から、こんな魅力ある変態マシンを作ってしまうチューナーさんがいらっしゃったんですね! いや、昔のほうが今より自由度があったかも!? ってことで、【後編】はTRUSTミッド・レビン、奇才マッドハウス号と続きますのでお楽しみに!

 

[OPTION 1983年10月号より]

(Play Back The OPTION by 永光やすの)

 

 

セルボ、ミラージュ、RX-7もエンジンは後ろへ! 無ければ作る、自作ミッドシップを作った勇者たち[前編](http://clicccar.com/2017/05/24/474259/)