水素ステーション拡充で年内に新会社設立!トヨタ、ホンダ、日産など11社が協力

水素ステーション拡充で年内に新会社設立!トヨタ、ホンダ、日産など11社が協力

水素ステーション拡充で年内に新会社設立!トヨタ、ホンダ、日産など11社が協力の画像

トヨタ自動車社(以下トヨタ)は、欧米における環境規制強化に向け、EVの開発に本腰を入れる一方で、世界に先駆けていち早く量産化を実現した水素で走る究極のエコカー「FCV」(燃料電池車)についても、普及促進に向けた活動を活発化させています。

同社は2014年12月に数々の課題をクリアしてFCV「MIRAI」を発売。3分程度の水素の充填で走行距離約650kmを達成するなど、ガソリンエンジン車と同等の利便性を実現しています。

ホンダも2016年3月にFCV「クラリティ・フューエル・セル」のリース販売を開始。

一方、政府は資源の少ない日本において、無尽蔵のエネルギー源「水素」で走るFCVの普及目標として、2020年までに約4万台、2025年までに約20万台、さらに2030年までに約80万台という具体的な販売目標台数を掲げています。

しかしながらその一方で、日本全国の水素ステーションは約90カ所に留まっており、FCVの普及台数もトヨタとホンダ2社で1,800台レベルとなっているようです。

そうしたなか、5月19日にトヨタ、ホンダ、日産を含む計11社※が水素ステーションの本格整備に向けた協業検討のための覚書を締結しました。

今後11社は年内の新会社設立を検討の上、水素ステーションの整備・運営支援に関する新たな施策の着実な整備促進、規制見直し、整備コスト低減、運営効率化への取組を通じて、FCVの普及拡大と水素ステーション事業の早期自立化を目指すとしています。

資本金の規模や出資比率は今後詰めることになる模様。

政府には2020年までに水素ステーション数を160箇所程度に、さらに2030年には900箇所程度にまで拡大する計画があるようで、新会社ではその実現に向けたミッションを担うことになりそうです。

ただ、現状はステーション1箇所当たりの整備費用が4億〜6億円と高コストな上に、FCV自体も700万円台と高額なことから、水素の補給に来るFCVの数が1日数台しかない日もあるそうです。

こうした情勢を踏まえ、今後開発されるFCVはホンダが「クラリティ」でそうしたように、開発費や車両価格低減に向け、FCV専用車ではなく、販売台数が見込めるPHV、EVと共通の車体とする手法がとられるものと予想されます。

近頃は欧州車メーカーの戦略上、EVが話題にのぼりがちですが、他国の化石エネルギーに依存する日本においては、自国で無尽蔵に生成可能な水素で発電、モーターで走行するFCVの普及を急ぐのが本来の姿と言えるかもしれません。
※11社とは、トヨタ、ホンダ、日産、JXTGエネルギー、出光興産、岩谷産業、東京ガス、東邦ガス、日本エア・リキード、豊田通商、日本政策投資銀行
(Avanti Yasunori・画像:TOYOTA、HONDA)

【関連記事】

トヨタが「カナダ」と「UAE」でFCV普及活動を展開!
https://clicccar.com/2017/01/22/438998/

トヨタが水素利用の積極推進で世界規模の協議会を発足!
https://clicccar.com/2017/01/21/438680/

ホンダ「クラリティ フューエル セル」がEPA評価で航続距離589kmを達成!
https://clicccar.com/2016/11/01/412905/

京都市がFCV・ミライを活用したカーシェアリング事業をスタート!
https://clicccar.com/2016/08/17/393190/

「ホンダ クラリティ」燃料電池車は21世紀のジャンヌダルク!?
https://clicccar.com/2016/04/22/368017/

水素ステーション拡充で年内に新会社設立!トヨタ、ホンダ、日産など11社が協力(http://clicccar.com/2017/05/21/474328/)

【関連記事】ホンダが人工知能の開発でボストン大学と共同研究を開始!FCV「ホンダ・クラリティ」のタクシー運用開始!6月末をめどに全6台を投入予定【ネオ・クラシックカー グッドデザイン太鼓判!】第2回・スポーティでありながら極めて実用的、クイント インテグラ