怪しい給油口を発見!グラマラスになるレンジローバー・イヴォーク次期型の秘密とは?

レンジローバーの高性能プレミアムコンパクトSUV「イヴォーク」次期型のテストミュールを再びキャッチしました。

現行モデルのパーツを使用した上で、新開発プラットフォームの適合性をテストしているようですが、撮影したテスト車両はフェンダーが張り出し、トレッドが拡大され、かなりグラマラスだったといいます。

パワートレインは、2リットル直列4気筒「インジニウム」エンジンの搭載が確実視されていますが、プロトタイプ右側面に厳重に偽装されている怪しい給油口が見られ、PHEVモデル投入の可能性もあることが分かりました。

ボディバリエーションは、3ドアクーペ、5ドアに加え、2ドアコンバーチブルがラインナップされるはずです。

次期型は、ジャガー「E-Pace」とプラットフォームを共有し、2018年秋のワールドプレミアが予想されています。

(APOLLO)

怪しい給油口を発見!グラマラスになるレンジローバー・イヴォーク次期型の秘密とは?(http://clicccar.com/2017/05/23/474771/)

【関連記事】目玉はパナメーラ「LEDストリップ」とPHV!ポルシェ・マカン改良型をキャッチアウディ・クーペSUV第二弾。「Q4」のレンダリングCGを入手BMW・M2も超える400psを発揮!? BMW1シリーズ最強「M140i」、次期型にも設定へ