流行に敏感な新社会人におすすめ!人気コンパクトSUV・5車種【2017年版】

新社会人といえば、流行に敏感な若者が中心です。そんな人たちにピッタリなのが、高い走行性能と積載性能で人気の高いコンパクトSUVではないでしょうか。国産メーカーに絞ってもバリエーション豊富なコンパクトSUVの中からオススメの5車種を紹介します。

■トヨタ・C-HR

トヨタのクルマづくりの構造改革であるTNGA。その第1弾となったトヨタプリウスと同じシャーシを使用したコンパクトSUVが、2016年12月に登場したトヨタ・C-HRです。

コンセプトカーのデザインを忠実に再現したC-HRは、独創的なエクステリアデザインが特徴です。デザイン同様に走行性能にもこだわり、FF車はハイブリッド、4WD車は1.2Lターボと、駆動方式によって搭載するパワートレインが異なります。

安全装備では、全車に衝突回避支援パッケージのトヨタセーフティセンスPを標準装備し、全車速追従機能付のレーダークルーズコントロールも可能です。C-HRの車両本体価格は251万6000〜290万5200円となっています。

■ホンダ・ヴェセル

2016年度のSUV新車販売台数No.1に輝くなど、SUVの中で圧倒的な人気を誇っているのがホンダ・ヴェゼルです。ホンダ・ヴェゼルは2013年12月に販売開始したコンパクトSUVで、コンパクトカーのフィットをベースとしています。

搭載されるパワートレインは、1.5L直列4気筒エンジン+CVTと1.5L直列4気筒エンジン+i-DCDと呼ばれるハイブリッドシステスに7速デュアルクラッチシステムの2種類。駆動方式はガソリン車、ハイブリッド車ともにFFと4WDを設定し、JC08モード燃費は19.0〜27.0km/Lとなっています。

2016年2月のマイナーチェンジでは走りとスタイリングに磨きをかけたRSというグレードを追加するとともに、全グレードで先進安全支援システムのホンダセンシングを選べるようになっています。ヴェセルの車両本体価格は192万〜288万6000円です。

■マツダ・CX-3

コンパクトSUVの中で全車クリーンディーゼルエンジンを搭載する個性的なキャラクターを持つのが、2015年2月に登場したマツダ・CX-3です。

登場以来アップデートが重ねられ、2016年11月一部改良では走行安定性を向上させるデバイスのGベクタリングコントロールの標準装備や、静粛性の向上そして安全装備の機能追加が行われています。

CX-3に搭載されるエンジンは、スカイアクティブDと呼ばれる1.5L直列4気筒ディーゼルターボの1種類で、ミッションは6速MTと6速ATが組み合わされます。最高出力105ps、最大トルク270Nmを発生しながらもJC08モード燃費は21.0〜25.0km/Lと高出力と低燃費を両立しています。CX-3の車両本体価格は237万6000〜303万4000円となっています。

■スバル・XV

国産コンパクトSUVの中で最もフレッシュなモデルが、2017年5月より販売開始されたスバル・XVです。全高1550mm以下に抑えることで、都市部に多い立体駐車場の利用が可能なのが特徴です。

搭載されるエンジンは従来の2Lに加えて1.6Lが追加されました。さらに2Lエンジンは直噴化することで、JC08モード燃費は15.8〜16.4km/Lと、排気量による差がほとんどなくなっています。駆動方式は全車4WDで、ミッションはCVTが組み合わされます。

悪路走破性を向上させるため、X-モードという機能が追加されたXVの車両本体価格は213万8400円〜267万8400円です。

■三菱・RVR

三菱は他社に先駆けて、コンパクトSUV市場に注目していた自動車メーカーで、2010年にRVRを投入しています。ロングセラーモデルとなっている現行型三菱・RVRですが、2017年2月にマイナーチェンジを行いました。

RVRのフロントマスクは、ダイナミックシールドというコンセプトに基づき、バンパーの左右コーナー部とアンダーガードの3方から絶妙なプロテクト形状として、スポーティなフロントマスクとなりました。搭載するエンジンは1.8L直列4気筒で、ミッションは6速スポーツモードが付いたCVTが組み合わされます。

駆動方式はFFとボタン一つで駆動方式が切り替わる電子制御の4WDを採用。JC08モード燃費は14.4〜15.4km/Lを実現しています。RVRの車両本体価格は205万8480〜248万7240円となっています。

(萩原文博)

流行に敏感な新社会人におすすめ!人気コンパクトSUV・5車種【2017年版】(http://clicccar.com/2017/05/26/474817/)

【関連記事】この春乗り換えたい、高コスパな旬のクルマ・ベスト5【2017年版】これが市販バージョンだ!アウディ旗艦SUV「Q8」の予想CGこの春乗りたい!新生活におすすめの最新モデル・TOP5!【2017年版】