ボルボ・V90シリーズの大本命は、V90クロスカントリーでキマリ!?

ボルボ90シリーズのワゴンであるV90、ワゴンとSUVをクロスさせたV90クロスカントリーという大きな柱に加えて、V90にはスポーティなV90 T6 R-Designもあり、好みに応じてグレードをチョイスできるのが魅力になっています。

V90クロスカントリーは、本格派SUVであるXC90のパーツも一部に流用した専用サスペンションとなり、V90クロスカントリーとXC90の車高の違いは、タイヤの外径の差によるもの。

同時に試乗したV90 T6 R-Designがその名のとおり、スポーティ系ということもあってV90クロスカントリー(T5 AWD)との差が明確に走りにも出ています。

V90クロスカントリーは、ワゴン派生型SUVらしいゆったりした乗り味で、路面からのコツコツとした小さな振動を抑制しつつ、ストローク感のある走りが楽しめます。

XC90も乗り心地自体は決して悪くありませんが、タイヤのトレッドの硬さを感じさせるコツコツとした振動が伝わってくる印象でしたので、V90クロスカントリーではそうした傾向が抑制されていて好感が持てました。

日本導入時に試乗した「V90 T6 AWD Inscription(320ps)」と比べてもややゆったりした乗り心地。今回試乗した「T5(254ps)」は、T6よりも66ps/50Nm及びませんが、低速域からトルク感があり、ターボラグもあまり感じさせませんから加速感に不満もありません。

絶対的な速さやスポーティなハンドリングはV90 T6 R-Designには譲りますが、乗り味や走らせやすさなどバランスの良さが光るV90クロスカントリー。こちらがV90シリーズの本命といえるかもしれません。

(文/塚田勝弘 写真/小林和久)

ボルボ・V90シリーズの大本命は、V90クロスカントリーでキマリ!?(http://clicccar.com/2017/05/24/475027/)

【関連記事】ライフスタイルを豊かにさせる存在感が人気の秘密!? V90を上回る受注を集めるボルボ・V90クロスカントリーボルボ・カーズ、次世代コネクテッドカーのシステムにアンドロイドを採用高齢者だけでなく29歳以下も多い「踏み間違い事故」へのマツダの対応は?