今年の千葉は室屋選手の凱旋レース! チャンピオンが予想したランキングは?【レッドブルエアレース千葉2017】

今年の千葉は室屋選手の凱旋レース! チャンピオンが予想したランキングは?【レッドブルエアレース千葉2017】

今年の千葉は室屋選手の凱旋レース! チャンピオンが予想したランキングは?【レッドブルエアレース千葉2017】の画像

昨年、室屋義秀選手が地元日本で歓涙の初優勝を挙げたレッドブルエアレースの千葉ラウンドが間もなく開催されます。前戦サンディエゴで室屋選手は待望の2勝目を挙げ、連勝・そして地元2連覇の期待が膨らみます。

千葉のコースは海岸線と平行に設定されるので、シリーズ中最も直線的なトラックレイアウトです。これは、直線スピードの速い室屋選手の機体向きと云えるでしょう。ただし、飛行機も車と同様に姿勢を変え始めた直後に最大Gがかかる(更にエアレーサーはターンの際に減速をしない)ので、速度の速い機体に乗る選手はオーバーGでの失格のリスクをより多く抱えて飛行します。

ポイントは両端の進行方向を180度変える大きなターン。

昨年のコースでは、コース北(北西)側に設けられたバーティカル(垂直上昇)ターンはコンパクトに回り、降下の際に重力を使い速度を稼ぐと、続くスラローム区間のタイムが変わりました。

また反対側、南(南東)側のターンは制限なく自由に旋回できる反面、タイムを稼ごうとコンパクトに旋回するとオーバーGを起こしやすいポイントです。

昨年は、北側でマット・ホール選手、南側ではマティアス・ドルダラー選手という優勝候補がオーバーGで失格・敗退しました。

今年のレイアウトも昨年に準じ「南から進入し、北側で2回、南側で1回折り返す」に決定。両端のターンの手前に大きくオフセットされたパイロンが設けられるなど、昨年よりトリッキーなコースレイアウトとなりました。今年もコース両端のターンに注目です。

開幕戦の後、2014年のチャンピオンのナイジェル・ラム氏が2017シーズンのランキングを予想しています。室屋選手は、総合優勝候補4名のうちの1人に挙げられています。

各選手に対する元チャンピオンの予想ランキングは次の通りです。2戦終了時のランキング順に並べました。

1:マルティン・ソンカ 1位〜4位
2:マティアス・ドルダラー 1位〜5位
3:室屋義秀 1位〜6位
4:ファン・ベラルデ 2位〜7位
5:ピーター・ポドルンシェク 8位〜12位
6:ピート・マクロード 2位〜6位
7:ニコラ・イワノフ 1位〜6位
8:マイケル・グーリアン 2位〜6位
9:カービー・チャンブリス 3位〜7位
10:ペトル・コプシュテイン 4位〜7位
11:クリスチャン・ボルトン6位〜12位
12:フランソワ・ルボット 6位〜11位
13:マット・ホール 2位〜6位
14:ミカエル・ブラジョー 5位〜9位

予想では、13〜14位は予想されてません。そこを踏まえて、ほぼ最下位予想だったピーター・ポドルンシェク選手の大躍進とマット・ホール選手が乗り換えた新機体の開発が進まず下位に沈んでいる事を除けば、概ね順当な順位予想です。

特にチャンピオン候補の4人のうちの3人がランキング3位までを占めています。1戦見ただけでの予想ですから、流石は元チャンピオンですね。

大きく予想が外れているのは3人だけ。 ポドルンシェク、ホール選手と残りの1人は、愛機MXS-Rを引き継いだ愛弟子ブラジョー選手。

チャレンジャークラスを連覇している折り紙つきの実力は、室屋選手もマークしている程。ルーキながら実機でのトレーニングも充分なのですが、2戦を終え最下位なのはむしろ予想外といえます。

各選手に対する講評はレッドブルエアレースの公式HPで御覧下さい。

また、今年は予定していたチャレンジャーズカップは運営上の理由との事で、開催中止となりました。女性パイロット、メラニー・アストル選手や、第2のアジア人パイロットケニー・チャン選手のフライトが見れないのは残念ですね。

(川崎BASE・Photo:Balazs Gardi/Red Bull Content Pool)

今年の千葉は室屋選手の凱旋レース! チャンピオンが予想したランキングは?【レッドブルエアレース千葉2017】(http://clicccar.com/2017/05/29/475255/)

【関連記事】レッドブルエアレースで室屋選手が2度目の優勝!【レッドブルエアレース2017】アストンマーティンとレッドブルがコラボした特別仕様車を発表「速い機体をより速く」チューンナップする ─ 室屋選手の「レッドブル・エアレース2017」