ライダーのレベルを一つ上げてくれる!ホンダ・CBR250RRは凄い250だった!試乗インプレッション編

ライダーのレベルを一つ上げてくれる!ホンダ・CBR250RRは凄い250だった!試乗インプレッション編

ライダーのレベルを一つ上げてくれる!ホンダ・CBR250RRは凄い250だった!試乗インプレッション編の画像

ついに日本でも発売されたCBR250RR。前回はスタイリングをチェックしましたが、今回は試乗インプレッションをお届けします。

結論から言うと、見た目とは裏腹に驚きの乗り味でした!世間では過激な乗り味なんじゃないかと予想されていましたが、実はそんなスパルタンな乗り味じゃありませんでした。

確かにポジションもかなり前傾だし、エンジンもクラス最高の高回転エンジン。しかし、極論初心者が乗っても全然楽しめるバイクでした!

足のセッティングも硬いかとおもいきや、かなり柔らかめ。曲がらない、曲がりづらい、とか一切ありません。

バイクを適当に倒してもある程度曲がっていってくれます。

エンジンは高回転までしっかりとまわり、二気筒らしくない感じ。ちょっと昔の250の4気筒みたいに「カーンーーーーッ!!!!!」と気持ちいいパルス感。

撮影していた時も遠くの方から鳴り響く音が聞こえてかなり爽快な音です。

開発担当の方に色々聞いてみたところ、街でも峠でもサーキットでも場所を選ばず楽しめるバイク。とのことでしたが、僕が一番このバイクの良さを体感できるのは峠だと思います。

実際ライダーの中にはワインディングの楽しさを100%理解していないライダーもいると思います。このバイクはそういう方に最もオススメしたい!

峠で元気よく走ってもバイクが自分を連れて行ってくれる感じ。これはめちゃめちゃ本気で走っても同じ味が残っていたので、このバイクの個性。

今までのレベルからもう一歩奥へ進んでみたくなる味なんです。

「よし!ココらへんで曲がってくれ!」と、バイクをコントロールすると強烈な旋回性で曲がっていくし、立ち上がりでスロットルを開け始めると高回転域で心地よく加速していきます。

しかしこれ、あまりに良く出来てるので調子に乗って激しく乗っているといつか行きすぎてしまいそう。それが乗っていて伝わってくるバイクというのも大事な点だと思います。

きつそうなポジションに高回転型のエンジン、それだけ聞くと街で乗りにくそうなイメージありますよね。それをうまくコントロールするのが「スロットルバイワイヤシステム」。

峠や高速では「スポーツ、スポーツ+」で乗り、街中では「コンフォート」を使用。
するとパルス感が弱くなり、むやみにスロットルを開けても思いっきり加速しません。

確かにこれをシチュエーションに合わせて変えていけば、街でも峠でもサーキットでも場所を選ばず楽しめるバイクとなるはず。ハイテク、だけどライダーを置いてきぼりにしない、親しみやすい250でした!

あれだけ世間のイメージが「超速い」「NSRの再来」みたいなイメージだと発売されてから賛否両論あると思います。

しかし今の時代に速くしか走れないバイクなんて作ったって乗りにくいだけだし、危険。
現に足回りはレーサーレプリカとかよりも確実に進化してます。

ちょうどいい二面性を持ったこのバイクはまさに現代っ子バイクと言っていいくらい、相性ピッタリだと思いますよ!

(ライター:佐藤 快/Moto Be バイクの遊び方を提案するWEBマガジン)

【関連記事】

【ライダーの疑問】すり抜けってどうなの?警察官に聞いてみた

【夜ツーのススメ】夜の空港はブラッとツーリングに最適なスポットだった

【ROCK】音楽好きにはたまらない!ギターペイントのヘルメットがかっこ良すぎる!

ケツ痛解消できんの?ライダークッション「ワイルドアス」を500kmツーリングで使ってみた結果

ライダーのレベルを一つ上げてくれる!ホンダ・CBR250RRは凄い250だった!試乗インプレッション編(http://clicccar.com/2017/06/07/475357/)

【関連記事】ライダーのレベルを一つ上げてくれる!ホンダ・CBR250RRは凄い250だった!外観チェック編まるで「ダブサン」風!カワサキ・エストレヤの「Final Edition」は、古の名車を彷彿とさせる仕上がり免許の有無は関係なし!「Motor!!Motor!! vol.5 オフロードパーティー」はオフロードを楽しめる大盛況イベント