64km/hオフセットクラッシュでもドアが開く! SUBARUの次の目標「歩行者死亡事故の軽減」は達成するか?

2017年4月、100周年を機に富士重工業から社名変更を行ったSUBARU。

2016年度JNCAP(ジェイエヌキャップ)において過去最高得点を更新し、勢いに乗っている感があります。

現在におけるSUBARUの目指す「安心と愉しさ」とは、走って楽しめるだけでない、安全で安心して楽しめるクルマでないといけない、と思いますが、いまのSUBARUの売上が伸びている背景には、走りの楽しさで買っていたお客さんにプラスして安全技術の高さに対するイメージが大きく寄与していると思われます。

そんなSUBARUが、報道陣に向け、その安全性をどのように構築しているのか、衝突実験のデモンストレーションなども含め、披露しました。

SUBARUの考える安全は、まずは0次安全。視界、ドラポジ、操作のしやすさなど、あたりまえのことが当たり前にできる、クルマを運転するための基本的構造のことです。

次に、アクティブセーフティ。シンメトリカルAWDや低重心、高いシャシー性能などを指し、多少危険な状態でも人間が危険を回避できる車両の機構、構造などです。

そして、プリクラッシュセーフティ。万が一の状況に近付いたことを判断し、人間を助けようとしてくれるアイサイトです。

それでも事故になってしまった場合に人を守るのがパッシブセーフティ。「乗員保護」「歩行者保護」などを行います。

ABS、エアバッグ、衝突安全ボディなどに加え、アイサイトなどの予防安全技術の普及により、事故件数の軽減と死亡者数は年々減ってきました。

ところが、ここへ来て減少数が頭打ちに近くなってきました。自動車事故の中でも、乗員の死亡者数が減少を続けてきたのに、歩行者の死亡者数が減っていないのです。

これまでも比較的柔らかなボンネットと硬いエンジンとの隙間を大きくして頭部への衝撃を和らげるなどの措置は取られてきましたが、インプレッサ/XVでは柔らかくすることができないピラー部分やワイパーの付け根部分をカバーする歩行者用エアバッグを開発し、全車に標準装備しました。さらに、シートベルト装着を警告し促すシートベルトリマインダーを乗車定員5名分用意しました。

こうした結果、インプレッサ/XVは、日本における自動車の安全性を評価するJNCAPにおける乗員保護、歩行者保護、シートベルトリマインダーの各項目で歴代最高得点を獲得。当然、その合計である総合評価も歴代最高得点となったのです。

我々の目の前で40%オフセット前面衝突実験では、64km/hでバリアに衝突させました。フロント周りのバンパーはもちろん外れ、エンジンルームは衝突部分が大きくキャビン側に縮んでいます。ボンネットは根元の部分がせり上がり、ヒンジの取り付け部分からくの字に曲がって衝撃を逃しているのがわかります。しかし、そうした変形はフロントドアの直前まで。ピラー部分やドアは左右ともにしっかりと元の形を残しています。

この状態で運転席のドアを開けても、何事もなかったくらいに開いてくれます。衝突で気を失ったドライバーを外部から助け出すこともできるわけです。

次に歩行者エアバッグのデモンストレーション。通常に開いたと想定した実験では、一瞬で展開。手品のようにそこになかったものが一瞬にして現れるくらい人間の視力を超えた速さです。

この歩行者用エアバッグは、他車との違いはエアバッグが単体で展開すること。他車ではボンネット後端を一瞬にして浮き上がらせその隙間からエアバッグを展開させます。

SUBARUではボンネットを浮き上がらせることなく展開させるためコスト低減が図れ、全車標準が可能になっています。

また、人間じゃないものにぶつかって展開するのも困ってしまいます。今回はスーパーのカートにペットボトルの水を積んだものに30km/hで衝突させて実験。カートは跳ね飛ばしましたが、エアバッグは展開しなかったことを確認しました。

もうひとつの「人間じゃない対象」である「水」でも実験。普段は水没した際の安全性を確認するプールへ飛び込み、その衝撃で歩行者エアバッグが展開しないかを見せていただきましたが、想定どうりの結果でした。

今回の公開実験はすべてがうまく行きました。開発中のものを見せてもらう際には、ときどき「まだ開発中ですから」という注釈が添えられることも多いですし、働かないこともあります。それに、実験には失敗がつきものです。けれど、それを大勢の報道陣の目の前で披露することはよほどの自信があるんだな、と思いつつ、はたと気づきました。

人の命を守るということはそれ以上のことなんです。事故は偶然が重なって起きるといいますが、人を守るデバイスには偶然があってはダメなのです。環境が整っているのに何度かに一回は失敗するような商品を世に出すようでは、安心を届けていることにはならないはずです開発者にとってはこちらが思う「実際に験す=実験」というレベルではなく、「当然の動き、機能の再現」だったのでしょう。

SUBARUが「安心と愉しさ」を確実に自信を持って製品化しているという姿勢が、今回の「再現」から改めて見ることができました。その自信が消費者にも届いているんだとも感じました。

(clicccar編集長 小林 和久)

64km/hオフセットクラッシュでもドアが開く! SUBARUの次の目標「歩行者死亡事故の軽減」は達成するか?(http://clicccar.com/2017/05/24/475371/)

【関連記事】北米販売80万台の実現に向け、スバルが新型SUV「アセント」投入を計画中!ピレリDRAGON SPORT(ドラゴンスポーツ)は「ハンドルのいうことを聞く」スポーツタイヤだった!【Tyre試乗】軽量化のためGFPP材を採用した「ミライース」兄弟。スバルからは新型「プレオ プラス」として登場