スバル・WRX STIがマイナーチェンジ。ニュルブルクリンク直系を感じさせるムービーも公開

スバル・WRX STIがマイナーチェンジ。ニュルブルクリンク直系を感じさせるムービーも公開

スバル・WRX STIがマイナーチェンジ。ニュルブルクリンク直系を感じさせるムービーも公開の画像

スバルのスポーツフラッグシップモデル「WRX STI」がマイナーチェンジを実施しました。

実質的にWRX STI専用駆動システムといえる「DCCD(ドライバーズコントロールセンターデフ)」のハードウェアや制御を変更、ブレンボ製ブレーキシステムはフロント6ピストン対向キャリパーを採用するなど、大幅改良を実施することを発表しました。発売開始は6月20日となっています。

グレード構成は従来通り。スタンダードのWRX STIと、ビルシュタインダンパーを装備したWRX STI タイプSの2種類。ブレンボの6ピストンブレーキは全グレードで標準装備となっているのは嬉しいポイントです。

また、タイプSにはSUBARU初の電動調整式レカロシートをオプション設定。さらにタイプSには245/35R19サイズのタイヤが標準装備されます。

メーカー希望小売価格は、WRX STIが386万6400円、タイプSが406万800円。トランスミッションは6速MTのみ、駆動方式はもちろんAWD(常時全輪駆動)です。

ボディカラーは、アイスシルバー・メタリック、クリスタルホワイト・パール(3万2400円高)、ダークグレー・メタリック、クリスタルブラック・シリカ、ピュアレッド、WRブルー・パールとなっています。

WRX STIの大幅改良に合わせて公開されたプロモーションムービーは、硬派なWRX STIの進化を大胆なドライビングシーンで表現したもの。効果的に散りばめられたモータースポーツのシーンは、WRX STIが参戦しつづけているニュルブルクリンク24時間耐久のもの。

市販車ベースのマシンで競われる耐久レースという舞台が、現代のWRX STIを鍛えているというわけです。

https://www.youtube.com/watch?v=u1ybTwTQ3IM

●WRX STI Type S主要スペック
全長:4595mm
全幅:1795mm
全高:7514mm
ホイールベース:2650mm
エンジン型式:EJ20
エンジン形式:水平対向4気筒DOHCターボ
最高出力:227kW(308PS)/6400rpm
最大トルク:422Nm(43.0kg-m)/4400rpm
変速装置:6速MT
燃料消費率:9.4km/L (JC08モード)
タイヤサイズ:245/35R19
サスペンション形式:前ストラット 後ダブルウィッシュボーン
メーカー希望小売価格(税込):4,060,800円

(山本晋也)

スバル・WRX STIがマイナーチェンジ。ニュルブルクリンク直系を感じさせるムービーも公開(http://clicccar.com/2017/05/25/475401/)

【関連記事】64km/hオフセットクラッシュでもドアが開く! SUBARUの次の目標「歩行者死亡事故の軽減」は達成するか?北米販売80万台の実現に向け、スバルが新型SUV「アセント」投入を計画中!今まで無かった!? スズキの軽ワンボックス「エブリイ」に4速ATを追加設定。選択肢が広がる