電動ターボと発電ターボ、チューニングメーカー・HKSは電化に進む?【人とくるまのテクノロジー展】

電動ターボと発電ターボ、チューニングメーカー・HKSは電化に進む?【人とくるまのテクノロジー展】

電動ターボと発電ターボ、チューニングメーカー・HKSは電化に進む?【人とくるまのテクノロジー展】の画像

2017年5月24〜26日にパシフィコ横浜で開催された「人とくるまのテクノロジー展」。自動車メーカー、パーツサプライヤーなどなど内外各社が最新技術をアピールする展示会です。

その一角にHKSがブースを構えていました。日本のチューニングシーンを牽引しつづけている同社ですが、自動車メーカーに関わる仕事も多く、ここ数年は人とくるまのテクノロジー展にて最新技術を展示しています。

2017年のイチオシは、昨年からブラッシュアップした「電動スーパーチャージャー」。アウディの直噴ターボエンジンに実際にインストールされた状態を再現したディスプレイは、その完成度が高いことを示しています。

スーパーチャージャーの外観はターボチャージャーの排気側を電動モーターに置き換えたといったもので、独自のターボチャージャーを開発してきたHKSのノウハウが活かせるものとなっています。

ドイツ方面では48Vの電動スーパーチャージャーがトレンドになっていますが、HKSが選択したのは既存の量産車にアドオンしやすい12V仕様。ターボチャージャーのブーストがかかるまでの領域をアシストすることを目的としているため、12V仕様であっても十分にカバーすることができるといいます。

そのためターボチャージャーのブーストが高まってからはスーパーチャージャーのスイッチはオフが基本。配管もバイパスさせるよう設計されています。

電動スーパーチャージャーは、ターボチャージャーの排気側にモーターを配したものといえますが、その逆にコンプレッサー側にモーターを置いたようなパーツも展示されていました。

こちらは開発中のターボジェネレーター。排気エネルギーを利用して発電しようというもので、電動化が進む自動車において、よりトータルでのエネルギー効率をアップさせようという試み。熱電発電素子ではなく、発電ターボといえる構造で、ここでもターボチャージャーでのノウハウを活かしているのがHKSらしいところではないでしょうか。

(写真と文 山本晋也)

電動ターボと発電ターボ、チューニングメーカー・HKSは電化に進む?【人とくるまのテクノロジー展】(http://clicccar.com/2017/05/27/476016/)

【関連記事】国内屈指のレースコンストラクターと共同開発の3輪EVは最高速度120km/hの軽オープン2シーター最先端技術が集う「人とくるまのテクノロジー展2017」が5月24日〜26日まで開催旭化成が「走るEVコンセプトカー」の「AKXY(アクシー)」を初公開、同社の自動車技術、部品の見本市