自動運転や電動化、世界のトレンドをヴァレオが日本で初公開【人とくるまのテクノロジー展17】

自動運転や電動化、世界のトレンドをヴァレオが日本で初公開【人とくるまのテクノロジー展17】

自動運転や電動化、世界のトレンドをヴァレオが日本で初公開【人とくるまのテクノロジー展17】の画像

2017年5月24日〜26日にパシフィコ横浜にて開催された「人とくるまのテクノロジー展2017横浜」。自動車ショーの主役は自動車メーカーですが、こうした最新テクノロジーショーとして注目なのは、ティア1と呼ばれる自動車メーカーと取引をしている大手サプライヤーでしょう。

フランス生まれのValeo(ヴァレオ)も、そうした世界的なサプライヤーのひとつ。そのヴァレオジャパンのブースでは、いくつもジャパンプレミア(日本初公開)の部品が展示されていました。

レーザースキャナー 「SCALAコクーン」をはじめ、ドライバーモニタリングシステム、センサークリーニングシステム、48V 電動リアアクスルドライブ、トルクコンバータ用ブレードダンパーの展示にジャパンプレミアのマークがついていましたが、中でも注目を集めていたのは自動運転に欠かせない技術であるレーザースキャナーです。

欧州で発売されるクルマに間もなく搭載されるという噂もある「SCALAコクーン」のデモンストレーションでは、レーザーを使って物体の形状を認識する様子がモニターに映し出されていました。カメラを用いることなく歩行者(背の低い幼児までも!)を検知することができるということです。

そのほか、FWDに追加することで半電動の4WD化が可能な48Vのリア電動アクスル「eRAD」などの展示は、日本の自動車メーカーのコンセプトカーでは見ることのできない、欧州のトレンドを感じさせるものとなっていました。

(写真と文 山本晋也)

自動運転や電動化、世界のトレンドをヴァレオが日本で初公開【人とくるまのテクノロジー展17】(http://clicccar.com/2017/05/28/476036/)

【関連記事】電動ターボと発電ターボ、チューニングメーカー・HKSは電化に進む?【人とくるまのテクノロジー展】国内屈指のレースコンストラクターと共同開発の3輪EVは最高速度120km/hの軽オープン2シーター最先端技術が集う「人とくるまのテクノロジー展2017」が5月24日〜26日まで開催