カーナビの音声操作でスライドドアの開閉ができる!?【人とくるまのテクノロジー展】

2017年の「人とくるまのテクノロジー展」では、三菱電機が既存のカーナビと音声操作(音声認識)を使い、クルマの操作(ワイパーやヘッドライト)、スライドドアの開閉(開ける、閉める)、ルームランプのオン/オフ(点ける、消す、少し明るく、徐々に明るく、徐々に暗く)などが可能な技術提案をしています。

カーナビの音声認識と「Body Control Module(BCM)」を接続することで、とくに後席用ルームランプなど、前席の乗員などから手が届きにくい操作も音声でコントロールできるというもの。

カーナビでの音楽再生中でもミュージックキャンセラーによって音声認識が可能だそうで、既存のカーナビ、車載ネットワークの「CAN」を使うという、今にでも実現できそうなシステムになっています。

年々精度を向上させている音声操作。コマンドを覚える必要がある場合が多いという課題もありますが、さらに精度と操作性が向上されれば「明日にでも欲しい技術」といえそうです。

(文/写真 塚田勝弘)

カーナビの音声操作でスライドドアの開閉ができる!?【人とくるまのテクノロジー展】(http://clicccar.com/2017/05/28/476108/)

【関連記事】遠くにあるヘッドアップディスプレイを指先でタッチできる日が近い!? 【人とくるまのテクノロジー展17】衝突時のエネルギーを短縮して吸収するプロペラシャフトをショーワが開発【人とくるまのテクノロジー展】カーナビの自車位置精度がセンチ単位になると、どんなコトができるようになる?【人とくるまのテクノロジー展17】