ソフトトップはダミー!? BMW「i8ロードスター」のルーフの秘密に迫る

BMWのPHEVスーパースポーツ「i8」のオープンモデル「i8 ロードスター」のプロトタイプの接写に成功しました。

試作車のカモフラージュは前回と変化はないようですが、新たな情報を入手しました。

プロトタイプはルーフにソフトトップが見られますが、クローズアップで見ると、ルーフの取り付けに違和感があり、市販時にはカーボンファイバー製のハードトップが採用される可能性があるといいます。

そうなれば、現在開発最終段階を迎えている「Z5」や、「8シリーズ」次期型のルーフ事情も気になります。

パワートレインは、1.5リットル直列3気筒ターボエンジンと、モーターを組み合わせたPHEVが予想されます。すでに「i8 Fomula Eセーフティカー」のバッテリーパックを7.1kWhから10kWhにアップデートしており、「i8」及び「i8ロードスター」にも搭載されれば、最高出力は400psへ向上するはずです。

発売は2018年が予想されていますが、世界初公開は2017年内にもされる可能性があるようです。

(APOLLO)

ソフトトップはダミー!? BMW「i8ロードスター」のルーフの秘密に迫る(http://clicccar.com/2017/05/31/476134/)

【関連記事】細部がどんどん明らかに!テールゲートが開いた、ボルボの新型SUV「XC40」2種類のヘッドライトを初公開!フォルクスワーゲン・ポロ次期型をキャッチこれが市販バージョンだ!アウディ旗艦SUV「Q8」の予想CG