2種類のヘッドライトを初公開!フォルクスワーゲン・ポロ次期型をキャッチ

フォルクスワーゲンのコンパクトハッチバック「ポロ」次期型プロトタイプを、ほぼフルヌードの状態でカメラが初めて捉えました。

ほぼスッピンで捉えたその表情は、ヘッドライト、ヘアインテークの形状が「ゴルフ」ソックリなことや、リアウィンドウの傾斜が強く、クーペスタイルのボディを持っていることが分かりました。

また、プラットフォームにはVWグループ「MQB」の最小バージョン「A0」を採用し、ホイールベースを90mm延長するとレポートされています。

今回はさらに、グラフィックの異なる2種のヘッドライトも捕捉に成功、黒ボディはハロゲン、赤ボディはオプションのLEDと思われます。

パワートレインは、75psを発揮する1リットル直列3気筒NAエンジン、100psと115psを発揮する1リットル直列3気筒ターボエンジン、160psを発揮する1.4リットル直列4気筒ターボエンジンのほか、ハイブリッドモデルなど多数ラインナップされるはずです。

室内には、9.5インチタッチスクリーンを配置。オプションで「デジタル・インストルメント・クラスター」を搭載可能になります。

ワールドプレミアは、2017年9月のフランクフルトモーターショーと思われます。

(APOLLO)

2種類のヘッドライトを初公開!フォルクスワーゲン・ポロ次期型をキャッチ(http://clicccar.com/2017/05/27/476166/)

【関連記事】これが市販バージョンだ!アウディ旗艦SUV「Q8」の予想CGVWゴルフシリーズが「7.5」に進化!! デジタル化、安全装備、スポーツモデルの動力性能向上で、価格249万9000〜569万9000円EVは出るの?MINIコンバーチブル改良新型、ヘッドライトのグラフィックがリフレッシュ!