メルセデス・ベンツ AMG C63クーペ、改良新型はEクラス風ヘッドライトに!

メルセデス・ベンツ Cクラス クーペのハイエンドモデル、「AMG C63 クーペ」改良型プロトタイプをキャッチしました。

試作車は、バンパーやグリルにカモフラージュが施され、ダミーにハロゲンヘッドライトを装着しているため、AMGらしからぬ実に地味なエクステリアですが、フェイスリフトが完了した際には、「Eクラス」新型と同じグラフィックを持つ最新LEDヘッドライト、アグレッシブなグリルにエアインテークを見ることができるはずです。

また、サイドスカートとリアバンパーにはアクセントとして、クロムのハイライトが入りスポーティーさもアピールしています。インストルメント・クラスタでは「デュアル・デジタルスクリーン」の採用に期待したいです。

510psを発揮する、4リットルV型8気筒ターボエンジンはキャリーオーバーされますが、新たなディーゼルエンジンがラインナップされる可能性があるようです。

デビューは2017年内、または2018年前半となるはずです。

(APOLLO)

メルセデス・ベンツ AMG C63クーペ、改良新型はEクラス風ヘッドライトに!(http://clicccar.com/2017/06/01/476202/)

【関連記事】メルセデス・ベンツ AMGのスーパーハッチ「GT4」市販型は620馬力で登場か?【Mercedes AMG E63 S 4MATIC+】1774万円のクルマでドリフトする? ドリフト&ローンチコントロールモードを備えた「メルセデスAMG E 63 S 4MATIC+」登場【Mercedes-Benz E-class Coupe】車線変更も行う部分自動運転を搭載した新型Eクラス クーペ登場