トランスミッションでお馴染みのドイツ・ZF社が自動運転車の開発に着手!

トランスミッションでお馴染みのドイツ・ZF社が自動運転車の開発に着手!

トランスミッションでお馴染みのドイツ・ZF社が自動運転車の開発に着手!の画像

ドイツに拠点を置く自動車部品製造企業「ZF」(ゼットエフ)。

歯車工場(Zahnrad Fabrik)を社名にもつ同社は、パワートレーンやシャシーコンポーネントの世界的サプライヤであるとともに、自動車用AT(オートマチックトランスミッション)のサプライヤーでもあり、自動車各社向けのAT開発・設計・製造を手掛けるなど、大型バス用のATでは世界の半数近くのシェアを占めています。

https://www.youtube.com/watch?v=WxqmTSF5yLE

そうしたなか、ZFは5月25日、電動車の自動運転システムの確立や技術革新を促すため、同社の子会社ツークンフト・ベンチャーズを通じて、e.GO Mobileとの合弁企業「e.GO Moove」を立ち上げると発表しました。

独アーヘンを拠点とする新会社「e.GO Moove」では、自動運転による人や貨物輸送ための車両開発・生産・販売を目指すそうです。

ZF シュテファン・ゾンマーCEOは今回の合弁に際し、以下のように説明しています。
・ネットワークに接続された電動自動運転車は、安全、快適、 効率的な環境に優しい輸送手段として将来の都市部や首都圏で重要な役割を果たす

・ZFは電動駆動装置やADAS、シャシ、センサー統合技術を提供する
先頃、ZFはアーヘン工科大学で初となる試作車を公開しました。

一方、e.Go Mobileのギュンター・シューCEO(上画像右)は次のように述べています。(画像左:ツークンフトベンチャーズ社 トーステン・ゴレフスキ社長)
・新しいコンセプトとなる人や貨物輸送用電気自動車の開発では、何度も反復して開発を進めることや生産コストの考慮が不可欠

・スタートアップとしてのe.Go Mobileの活力と、ZFのノウハウや市場参入能力の組合せにより、短期間でテスト車両を提供できるようになる
ZF ゾンマーCEOは「人と貨物の両方を輸送できる電動自動運転車は世界的に膨大な将来性があり、合弁会社e.GO Mooveは、この市場にプラスの影響をもたらすだろう」と述べており、今後もツークンフト・ベンチャーズ社を通してこの分野の外部パートナーやエキスパートとの提携を進めていく考えのようです。

小規模ながらも高い評価を得ている企業は、ZFとの提携により、有力な支援が得られ、またZFにおいても製品・技術ラインナップが拡大することで、競合他社より一歩先んじるための技術を取り込むことができるという構図。

このように、各社の技術力を集積することで、その規模を拡大しつつあるZFですが、電動自動運転車やその制御システムの開発を手掛ける同社の今後の動向に多くの注目が集まりそうです。

(Avanti Yasunori・画像:ZF)

【関連リンク】

ZFジャパン
https://www.zf.com/japan/

トランスミッションでお馴染みのドイツ・ZF社が自動運転車の開発に着手!(http://clicccar.com/2017/05/28/476305/)

【関連記事】国内屈指のレースコンストラクターと共同開発の3輪EVは最高速度120km/hの軽オープン2シーター横長ランプでスタイリング一新!? 日産が2代目「リーフ」のティザー画像を公開!自動運転へ向けチーム日本のきっかけとなるか? 群馬大学と東洋電装、自動運転に関する産学連携の新たな取り組みを発表