【ニュルブルクリンク24時間レース】SUBARU/STIチームを支えるメカニックには現役のディーラー選抜メカがいる

ニュルブルクリンク24時間レース決勝がいよいよ今週末27〜28日に迫っています。

予選が終わり、日本勢の戦いが注目されている2Lターボ車の3P3Tクラスは
トップがLMS Engineering AUDI TTRS2(8分56秒560)
2番手がGAZOO Racing LEXUS RC(9分2秒157)
3番手にSUBARU WRX STI(9分5秒367)
となっています。

アウディが打倒スバルに向けてかなり力を入れてきている模様です。

また、TOYOTA GAZOO Racingは3年目となるRCでのニュルチャレンジです。
問題となっていたエンジンやトランスミッションをはじめ、各パーツの改善がすすんでおり、予選レースなどでも好成績を上げています。
燃費もかなり良いと噂されており、決勝が楽しみです。

一方、3連覇を狙うSUBARU/STIチームは、予選1回目の気温の高さやトラフィックに苦しめられて3番手となっています。
決勝までに解決策は見つかるのでしょうか。

そんなSUBARUチームでは、全国のスバルディーラーから選抜された
「ディーラーメカニック」がドライバーとともに活躍しています。

写真左から
村居孝政さん(大阪スバル)
宇都宮正紀さん(京都スバル)
原良多さん(福島スバル)
内藤文さん(岐阜スバル)
佐々木一星さん(静岡スバル)
横井洋平さん(北海道スバル)

作業の合間にお話を伺ったところ、みなさんニュルを目指して2度3度とチャレンジした方ばかり。
モチベーションはかなり高いです。

彼らの24時間レースにも、ぜひご注目ください。

(HYPERREV/SUBARU SPIRIT編集部 渡辺 文緒)

【ニュルブルクリンク24時間レース】SUBARU/STIチームを支えるメカニックには現役のディーラー選抜メカがいる(http://clicccar.com/2017/05/27/476469/)

【関連記事】スバル・WRX STIがマイナーチェンジ。ニュルブルクリンク直系を感じさせるムービーも公開64km/hオフセットクラッシュでもドアが開く! SUBARUの次の目標「歩行者死亡事故の軽減」は達成するか?北米販売80万台の実現に向け、スバルが新型SUV「アセント」投入を計画中!