トヨタが144万ドルを投じて4Dサイエンスシアターを米ミシガン州にオープン!

トヨタが144万ドルを投じて4Dサイエンスシアターを米ミシガン州にオープン!

トヨタが144万ドルを投じて4Dサイエンスシアターを米ミシガン州にオープン!の画像

トヨタ自動車(以下トヨタ)が、米・ミシガン州デトロイトのミシガンサイエンスセンター(MiSci)に144万ドルを投じて「トヨタ4Dエンジニアリングシアター(TET)」を完成させました。

TETでは、エキサイティングなプログラムや魅力的な映画を通じて、ダイナミックな世界を紹介、次世代のSTEM(科学、技術、工学、数学分野)専門家育成に役立つリソースの提供を目指しています。

シアター内には映画鑑賞時に没入効果が得られる3D表示機能や強力な空間照明など、最先端のHDプロジェクションシステムが設けられており、劇場内に入ると、複数の感覚に訴求するユニークな4次元体験を味わうことができるそうです。

熱・煙・火無しで「スパーク」効果を生み出せるミシガン州で唯一の劇場となっており、高度な視聴技術により、世界中のどこからでもビデオ映像をライブストリーミングして、遠隔教育することが可能。

MiSciのトーニャ・マシューズCEOは「私達は全ての子供達とSTEMを持つ全てのコミュニティに力を与え、豊かにすることに力を入れており、トヨタとのパートナーシップや新技術を備えたTETは、STEM教育の伝統とインスピレーションを築くのに役立ちます」と述べています。

また北米トヨタのクリス・レイノルズ副社長も「MiSciのような施設があることで科学に興味を持ち、将来について考え、素晴らしい成果を発揮する学生が数多く出て来るだろう」とコメント。

MiSciでは特別に制作した映画「Extreme Weather 4D」の世界初公開に向けて無料入場券を提供、5月27日に一般公開をスタートさせました。

https://www.youtube.com/watch?v=yrOYxLt9SCI

この映画は、私達が棲む惑星を形作るダイナミックで複雑な力を体験することで、恒常的に変化する天候を理解し、それに適応するのに役立つ内容になっています。

ミシガン州に自動車開発研究拠点を置くトヨタとしては、本事業に投資することで、発想力に長けた優秀な人材を数多く確保したいという思いがあるようです。

(Avanti Yasunori・画像:トヨタ自動車)

【関連リンク】

ミシガンサイエンスセンター
http://www.mi-sci.org/theaters/4d-theater/

トヨタが144万ドルを投じて4Dサイエンスシアターを米ミシガン州にオープン!(http://clicccar.com/2017/05/29/476768/)

【関連記事】ホンダが人工知能の開発でボストン大学と共同研究を開始!水素ステーション拡充で年内に新会社設立!トヨタ、ホンダ、日産など11社が協力トヨタ、日本サッカー協会による未就学児童の「サッカー巡回指導」に参画