日本人初! 佐藤琢磨がインディ500で優勝した感動のコメントを発表【第101回インディアナポリス500】

日本人初! 佐藤琢磨がインディ500で優勝した感動のコメントを発表【第101回インディアナポリス500】

日本人初! 佐藤琢磨がインディ500で優勝した感動のコメントを発表【第101回インディアナポリス500】の画像

第101回インディアナポリス500(インディ500)で佐藤琢磨選手(アンドレッティ・オートスポーツ)が日本人初優勝を成し遂げ、モータースポーツの歴史に新たな1ページを刻みました!

インディ500は、アメリカ合衆国インディアナ州インディアナポリス市近郊のスピードウェイにあるインディアナポリス・モーター・スピードウェイで毎年5月に開催されるアメリカンモータースポーツイベント。

インディアナポリス・モーター・スピードウェイのオーバルトラック1周2.5マイル(約4.023km)を200周、走行距離500マイル(804.672km)で争われます。F1モナコGP、ル・マン24時間レースと並ぶ世界3大レースのひとつで、世界で最も長い歴史を誇り、世界で最も多くの観客を集めています。

佐藤選手は2002年から2008年までF1に参戦し、2010年からアメリカの最高峰オープンホイールチャンピオンシップであるインディカー・シリーズにフル参戦。2013年4月に開催されたロングビーチでは、日本人として初めてインディカーレースで勝利を挙げた、世界と戦う日本のトップドライバーです。

5月28日(日)、雨の心配もある中スタートしたインディ500の決勝レース。今回で8回目の挑戦となった佐藤選手は予選4番手で2列目グリッドのイン側からスタートし、レース序盤はトップグループを保ちます。

53周目、コーナーを回りきれずウォールにヒットしたジェイ・ハワード選手(シュミット・ピーターソン)とスコット・ディクソン選手(チップ・ガナッシ・レーシング)がコース中央付近でぶつかり、ディクソン選手のマシンは宙を舞ってイン側の壁にヒット。マシン後部を失うほどの大クラッシュが起きてしまいました。レースはSAFERウォールや金網の修復のために55周目にレッドフラッグが振られ、一時中断に。20分の中断後、ペースカー先導でレースは再び再開します。

82周目のピットストップで時間をロスしたために、大きくポジションダウンをしてしまった佐藤選手。89周目には17番手に下がりましたが、冷静な戦いぶりを保って着々と一つずつポジションを回復していきます。

レース残り50周。佐藤選手は10番手につけており、イエロー中の168周目に行ったピットストップのあとには5番手、そして172周目には4番手にポジションをアップさせました。175周目に一つ順位を下げましたが、すぐに挽回し、179周目にはターン1でアウトから2台を豪快にオーバーテイク! 2位に浮上します。

184周目、5台が巻き込まれる多重クラッシュが発生しイエローコーションに。残り11周でリスタートが切られました。

トップはマックス・チルトン選手(チップ・ガナッシ・レーシング)、2番手には佐藤選手、そして3番手にエリオ・カストロネベス選手(チーム・ペンスキー)が続きます。残り7周、ターン3でカストロネベス選手がチルトン選手をかわしトップに浮上。佐藤選手もチルトン選手をかわし2番手に着きます。

残り5周、今度はインディ500を3度制覇しているカストロネベス選手をかわして佐藤選手がトップにたち、6周にわたる熾烈な一騎打ちに! そして佐藤選手は追いすがりアタックを仕掛けてくるカストロネベス選手を振りきり、見事トップでチェッカーフラッグを受けたのです!

佐藤選手はインディ500伝統に則って、ビクトリーレーンでミルクをガブ飲み! 最後はミルクを頭から豪快にかけ、シャンパンファイトならぬ「ミルクファイト」状態に。佐藤選手やチームスタッフなどその場にいる人全員が最高の笑顔で、見ているこちらまで笑顔がこぼれました。

そんな佐藤選手からコメントが届いていますよ!
「勝ちました!世界最高のレースで勝ちました!信じられないほどの感激です。チームには感謝してもしきれないほどです。ファンタスティックです。厳しいレースでした。そして、エリオ(カストロネベス)は本当にフェアに戦ってくれました。だからアウトサイドからパスを仕掛けることができました。すばらしいバトルになっていました。ファンの皆さんも楽しんでくれたと思います。12歳のころから、こういった大きなレースで勝つことを夢見てきました。これまで私をサポートしてきてくれた方々には感謝しても感謝しきれません。最後の3ラップを迎えるまで、だれが勝つか全く分からないレースになっていました。私とエリオとはサイドバイサイドで残り3ラップに突入しました。そこからは、もうアタックするしかなかったです。完全にアクセルを全開に保ったままの戦いです。それを成功させ、彼を突き放すことができました。最高のレースになりました」

接近戦が続き頻発するアクシデントで、一度の赤旗を含めて合計11度ものフルコースコーション(ペースカーを先頭に全車がスロー走行するこっと)が出された第101回インディ500。その中でもアグレッシブ&冷静さを兼ね備え、素晴らしい走りで勝利を勝ち取った佐藤選手を同じ日本人として誇りに思います。

佐藤選手、インディ500制覇おめでとうございます! そして感動をありがとう!!

(yuri)

日本人初! 佐藤琢磨がインディ500で優勝した感動のコメントを発表【第101回インディアナポリス500】(http://clicccar.com/2017/05/29/477031/)

【関連記事】電気自動車で競うフォーミュラE開幕、初戦の最速ラップは佐藤琢磨選手!ホンダがF1に復帰する可能性は本当にあるのか?佐藤琢磨をホンダウェルカムプラザ青山で応援しよう