ぶつからないクルマはぶつかっても安全なクルマへとまだまだ安全性が進化する日本車の向かうべき道は?

ぶつからないクルマはぶつかっても安全なクルマへとまだまだ安全性が進化する日本車の向かうべき道は?

ぶつからないクルマはぶつかっても安全なクルマへとまだまだ安全性が進化する日本車の向かうべき道は?の画像

様々な面で日本は特殊な環境で「ガラパゴス」などという言われ方をします。自動車事故の内容を見ても、多くの国で乗車中の死亡者が多いのに対し、日本は対歩行者、対自転車の死亡者が多いことが目立ちます。これもある意味「ガラパゴス」です。

ただし、これはある意味日本での自動車乗車中の死亡者の割合が少なくなったからであり、その主な要因の一つにクルマのそのもの安全性が高まっていることが大きく起因しています。ABSやエアバッグ、横滑り防止装置の装着率のアップは、死亡事故抑止に大きく貢献しています。

そうしたクルマの安全性の追求を古くから行っているメーカーが、今年創業100周年を迎えたスバルです。スバルはもともとが航空機メーカーの「飛行機研究所(のちの中島飛行機)」という会社がルーツです。スバルは「ぶつからないクルマ」というキーワードを使い、「アイサイト」をアピールしました。これには飛行機会社をルーツに持つ会社だったからにほかなりません。飛行機の場合、トラブル・イコール・重大事故……という方程式があるからです。飛行機部門は「落ちない飛行機」を目指して開発をしているというのです。

そんなスバルだからこそ、安全に関しては妥協せずに開発を重ねています。スバルの衝突実験の歴史は長く、1965年にはスバル360の衝突実験を開始、現在に至っています。年を重ねるごとに安全性は高まり、2016年度の自動車アセスメントで過去最高の得点を獲得し、2016年度「衝突安全性能評価大賞」を受賞しました。

自動車アセスメントの衝突試験の様子は動画公開されていますが、スバルはよりリアルに衝突試験を理解できるように、ジャーナリストやメディアを群馬製作所の衝突実験場に集めて、衝突試験を公開しました。

公開された試験は65km/hでの40%オフセット前面衝突試験と歩行者用エアバッグの展開デモンストレーションでした。仕様車両のXVです。オフセット前面衝突試験では、フロントセクションが激しく変形しているものの、Aピラーから後ろのキャビン部分の変形はなく、ドアも普通に開け閉めできる状態でした。衝突試験後にドアを開けられるクルマは数多くありますが、開け閉めが普通にできるのは驚異的です。

歩行者用エアバッグは衝突による展開ではなく、人為的にスイッチを入れるデモンストレーションでした。最初のデモは歩行者用エアバッグを展開させるだけ、2回目のデモは雪に模した発泡スチロールの粒をエアバッグ部分に被せての展開で、これはリアルワールドで雪などが積もっていてもきちんと作動することを証明するものでした。

また、歩行者用エアバッグは歩行者以外との衝突では展開しないことを証明するため、ペットボトル(2L×8本)を載せたショッピングカートとの衝突や、水深50cmのプールへの進入なども行われ、いずれも何事も起きない様子をデモンストレーションしました。

多くの歩行者用エアバッグはボンネット後端部を火薬で持ち上げてから展開する方式が採られていますが、インプレッサ&XVに採用されている歩行者用エアバッグはボンネットとフロントウインドウの間に設置しているため、エアバッグ以外の装置が不要でコストを大幅に抑えることができています。

アイサイトのヒットは日本の消費者がクルマの安全性を重要視して買うことを証明しました。この傾向はしばらく変わることはなく、今後も安全性の高いクルマがヒットしていくことになることでしょう。安全性の高いクルマがリーズナブルに買えることで、日本の自動車界はますます素晴らしいものとなるはずです。

(諸星陽一)

ぶつからないクルマはぶつかっても安全なクルマへとまだまだ安全性が進化する日本車の向かうべき道は?(http://clicccar.com/2017/05/29/477037/)