【SUPER GT2017】オートポリスで表彰台!しかしSUBARU BRZ R&D SPORTSの進化は止まらない

【SUPER GT2017】オートポリスで表彰台!しかしSUBARU BRZ R&D SPORTSの進化は止まらない

【SUPER GT2017】オートポリスで表彰台!しかしSUBARU BRZ R&D SPORTSの進化は止まらないの画像

5月21日、大分県のオートポリスで開催された「2017 AUTOBACS SUPER GT Round 3 SUPER GT in KYUSHU 300km」で白熱した大接戦の末GT300クラスを2位で表彰台に上ったSUBARU BRZ R&D SPORT。

岡山と富士、開幕からの2戦でポイントを取ることが出来なかったBRZにとっては2位という順位で存在感を示したといえましょう。それも0.091秒差という僅差。あと50mフィニッシュラインが後ろだったら、などなど優勝してもおかしくないところまでポテンシャルを挙げてきていることは事実。

オートポリスはストレートが短く、マシンはコース全体でコーナーリング状態。そしてメインストレートから第1ヘアピンまで一気に下り、そこから第2ヘアピンまでは登り、そして第2ヘアピンから次の60Rまで一気に下ってスタジアムコーナーまでひたすらに登りというコースレイアウト。特にリアに荷重がかかりやすい今年のBRZにとっては登りセクションは得意中の得意といってもいいかもしれません。

20日に行われた予選でも2番手のタイムをたたき出し、フロントローからのスタートとなっています。そして決勝レースではポールポジションだったVivaC 86 MCと1秒未満の攻防を繰り広げ、3位以下を大きく引き離していく様を見せつけました。

バトルを繰り広げたVivaC 86 MCが先にピットインしたために暫定トップとなり、2周の後にピットインしたBRZ。リアタイヤのみの交換となるかと思いきや、オートポリスでは4本交換。しかしVivaC 86 MCのギリギリ前で戦列復帰!いや、まだタイヤが温まっていない状態のBRZはVivaC 86 MCに道を譲ることとなってしまいます。

自分のスティントが終わった山内英輝選手は自分がドライブしたタイヤをチェックします。タイヤ交換についてレース後に辰己英治監督にうかがうと「序盤から終始、トップ争いバトルが展開され、ピットアウト後もそのバトルは続くという判断。リア交換のみもシュミレーションしたが、このバトルの展開ではフロントタイヤも磨耗していることは否めない」との答え。

実際、もしリアタイヤのみの交換であるならば、チェッカー直前のひりつくバトルは見ることが出来なかったでしょう。そしてファイナルラップの最終コーナーの立ち上がりではスリップストリームにつき、最後まで抜く姿勢を諦めず、結果0.091秒差の2位とはいえ、BRZを応援する全ての人々に感動を与えることはなかったかもしれません。

このオートポリスが終わると、次は7月22~23日のスポーツランドSUGOから富士、鈴鹿と続く真夏の3連戦。特にSUGOと鈴鹿はコーナーリングの多いコースレイアウトとなりBRZの真価が発揮される可能性も高いところ。

もっと空力面を改善したいと考えている様子の辰己監督は、グリッドウォークの最中もライバルマシンのチェックを怠りません。時にはライバルマシンの下に潜り込んでまでアンダーパネルの様子を確認します。

「6月はレースは無いものの、SUGOや鈴鹿でのテストがあります。そこでもっと強いマシンを作って行きたい」と語る辰己監督。

次戦のSUGO以降も山内選手、井口選手の表彰台頂上制覇を目指して、開発の手は緩むことは無いようです。

(写真・文:松永和浩)

【SUPER GT2017】オートポリスで表彰台!しかしSUBARU BRZ R&D SPORTSの進化は止まらない(http://clicccar.com/2017/05/30/477255/)

【関連記事】【ニュルブルクリンク24時間】SUBARU STI WRX 炎上の影で何が起きた?0.1秒未満の大接戦!GT300はVivaC 86 MCとSUBARU BRZ R&D SPORTが白熱の争い【SUPER GT2017】スバル最大の魅力は「人間力」と、「スバルのメディア向け衝突試験見学会」&「人とくるまのテクノジー展」でわかった!