公道走行なるか!? 布製ボディのキュートな超小型EV「rimOnO」【人とくるまのテクノロジー展】

公道走行なるか!? 布製ボディのキュートな超小型EV「rimOnO」【人とくるまのテクノロジー展】

公道走行なるか!? 布製ボディのキュートな超小型EV「rimOnO」【人とくるまのテクノロジー展】の画像

2017年5月24日〜26日にパシフィコ横浜にて開催された「人とくるまのテクノロジー展2017横浜」。三井化学のブースに置かれていた「rimOnO(リモノ)」は、布製ボディに交換式バッテリーを搭載した超小型EV。車名のた「rimOnO」は、公道走行実現を目指すベンチャー企業の会社名でもあります。

化学素材を提案・提供している三井化学、詳細設計とプロトタイプ制作の「DreamsDesignCorporation(ドリームデザイン)」、防水性布提供の帝人フロンティア、専用サウンド製作のRolandが開発パートナーとして参画していて、さらにクラウドファンディングで資金を集めているそうです。

超小型モビリティの法整備が定まらない中、布製ボディが公道を走れるのかはまだ現時点では不透明のようですが、現時点では走らせるなら1人乗りのミニカーにするしかありません(30km/h以下のミニカー:原付四輪自転車)。2人乗りの場合は指定された地域内でしか現状では走行できません(実証実験の範囲)。

「rimOnO(リモノ)」のサイズは、全長2.2m×全幅1.0m×全高1.3mで、車両重量は320kg(目標値は200kg)。最高速度(検討中)は45km/h、航続距離は50km、乗車定員は大人2人(または大人1名+子ども2名)。

着せ替え可能な柔らかな布製ボディ(外装ボディはウレタンフォーム、フォルティモ製フォームを使用)に乗り降りしやすい回転シート、自転車やバイクと同じバーハンドルが採用されています。

「人とくるまのテクノロジー展」では、男女や年齢層を問わず多くの注目を集めるのも分かるキュートなインパクトを放っていました。

国交省の重い腰が完全に上がるのを待っているのでは、超小型EVの分野でいずれ中国などの後塵を拝する可能性も否定できません。

経済産業省の元官僚だった伊藤慎介「rimOnO」社長、元トヨタで「znug design」代表の根津孝太氏、「ドリームデザイン」代表の奥村康之氏のタッグにより実現するか注目です。

(文/写真 塚田勝弘)

公道走行なるか!? 布製ボディのキュートな超小型EV「rimOnO」【人とくるまのテクノロジー展】(http://clicccar.com/2017/06/01/477609/)

【関連記事】スバル・360から半世紀!新型インプレッサにはスバルの技術力が結実【人とくるまのテクノロジー展】自社開発の最先端技術が満載!旭化成が開発したコンセプトEV「アクシー」【人とくるまのテクノロジー展】プリウスPHVの「ガスインジェクション機能付ヒートポンプオートエアコン」【人とくるまのテクノロジー展】