「新燃費基準」適合第1号車はマツダCX-3のガソリン仕様!? 新燃費基準の「WLTCモード」って何?

「新燃費基準」適合第1号車はマツダCX-3のガソリン仕様!?  新燃費基準の「WLTCモード」って何?

「新燃費基準」適合第1号車はマツダCX-3のガソリン仕様!? 新燃費基準の「WLTCモード」って何?の画像

5月31日の日本経済新聞朝刊によると、2018年10月から義務化される新燃費基準の「WLTCモード」第1号適合車はマツダCX-3で、しかも今夏発売予定とされるガソリンエンジン仕様になる見込みだそうです。実際には正式発表されたワケではないのでまだ分かりませんが…。

同紙では「週内にも新基準の認定を受ける」と報道していて、さらに「国土交通省はマツダが今夏発売を予定するガソリンエンジンのSUV CX-3を新基準で認可する。国内で販売する車種として初めて」と報じています。なお、CX-3のガソリンエンジン仕様の年内発売は、4月28日の決算発表の場で正式にアナウンスされています(※写真はディーゼルエンジン車)。

現在のカタログ燃費といえば、JC08モード燃費ですが、「WLTCモード」に移行します。これは、JC08モードが「10・15モード」よりも実燃費に近づいたとはいえ、車種により異なりますが、まだ実燃費とカタログ燃費には差が大きいことから導入されるもの。

「WLTC」モードは、国際的な燃費試験基準で、「Worldwide harmonized Light duty driving Test Cycle」の略。

なお、今年の4月4日、国土交通省から「WLTC」について「乗用車の排出ガス及び燃費算定試験法であるWLTCモード法について、風洞法による走行抵抗の測定法等の追加を行います」と発表されていますので、従来呼ばれていた「WLTP」ではなく、日本では「WLTC」という呼称になります。

JC08モード燃費よりも走行実態に合わせて変更される「WLTC」は、「WLTCモード」、「市街地モード」、「郊外モード」、「高速道路モード」の4モードが併記されることになります。

2018年10月からの義務化により、「WLTC」モード燃費が算定されたクルマからカタログ表記されます。

なお、10・15モードからJC08モードに切り替わる時も、カタログに併記されましたが、「WLTC」義務化までまだ1年半程度ありますから、各自動車メーカーは「WLTC」モード燃費が算定され次第、JC08モード燃費と「WLTC」モードを併記すると思われます。

(塚田勝弘)

「新燃費基準」適合第1号車はマツダCX-3のガソリン仕様!? 新燃費基準の「WLTCモード」って何?(http://clicccar.com/2017/06/02/477883/)

【関連記事】マツダ・CX-8はディーゼルエンジン車のみで2017年12月発売!?【ロードスター軽井沢ミーティング2017】NAロードスター、レストア・プロジェクト車両をお披露目高齢者だけでなく29歳以下も多い「踏み間違い事故」へのマツダの対応は?