トヨタ「ランドクルーザー」が米国の長期愛用車ランキングで1位に! 決め手は走破性と飽きの来ないデザインか?

トヨタ「ランドクルーザー」が米国の長期愛用車ランキングで1位に! 決め手は走破性と飽きの来ないデザインか?

トヨタ「ランドクルーザー」が米国の長期愛用車ランキングで1位に! 決め手は走破性と飽きの来ないデザインか?の画像

米自動車情報サイト「iSeeCars.com」が、米国市場の1570万台以上に上る中古車を対象に調査・分析した「米国人に長年愛用されている車ランキングTOP10」によると、国内ブランド車で唯一、トヨタ車が4台ランクインしています。

1位 トヨタ ランドクルーザー 10.6年★
2位 ポルシェ ボクスター 9.9年
3位 フォード エクスペディション 9.0年
3位 メルセデスベンツ SLK 9.0年
5位 フォード エクスプローラー 8.9年
5位 トヨタ セコイア 8.9年★
7位 シボレー コルベット 8.8年
7位 トヨタ アバロン 8.8年★
7位 トヨタ 4ランナー(ハイラックスサーフ) 8.8年★
7位 アウディ TT 8.8年
https://www.youtube.com/watch?time_continue=2&v=znrmHY580J0

ランキングで最も長く愛用されているとして1位に輝いたのが、トヨタ・ランドクルーザー。米国における平均的な新車の所有期間7.3年に対して同車は10.6年と、平均年数を3.3年上回る期間、愛用され続けているという結果になっています。

https://www.youtube.com/watch?v=dxJfyObTz-o

そのほかにも「トヨタ・セコイア」が8.9年で5位、「アバロン」、「4ランナー」が 8.8年でそれぞれ7位にランクインしています。

ランクインした10台をカテゴリー別に分類すると、SUVが5台、セダンが1台(アバロン)、スポーツカーが4台(ボクスター、SLK、コルベット、TT)となっており、やはり米国では、セダンよりもオフロードに強いSUVやデザインコンシャスなスポーツカーの愛用年数が長いようです。

維持年数で1位になった「ランドクルーザー」は、オフロードにおける走破性に加え、各種機能や装備が充実していることから満足度が高い模様。また4台のスポーツカーについては、新車から年数を経ても、外観が古く見えないことが背景に有るようです。

また、TOP10にランクインした各車の傾向として、いずれも奇をてらった部分が無く、飽きのこない魅力的なエクステリア・デザインであることが判ります。

逆に言えば、新車を購入する際、新しさのみに目を奪われず、機能や装備は勿論、「デザイン耐久性」の高いモデルを如何にして見極めるかが、結果的に一台のクルマを長く愛用することに繋がるのかもしれません。

(Avanti Yasunori・画像:TOYOTA)

【関連リンク】

iSeeCars.com
https://blog.iseecars.com/new-cars-kept-longest/

トヨタ ランドクルーザー
http://toyota.jp/landcruiser/

トヨタ「ランドクルーザー」が米国の長期愛用車ランキングで1位に! 決め手は走破性と飽きの来ないデザインか?(http://clicccar.com/2017/06/01/477900/)

【関連記事】ブリヂストンがオンロード指向のプレミアムSUV向けタイヤブランド「ALENZA(アレンザ)」を立ち上げ自分好みにデコレーションできる 「カマッテ」を使った子供自動車学校をトヨタが開講!【東京おもちゃショー2017】トヨタが144万ドルを投じて4Dサイエンスシアターを米ミシガン州にオープン!