マツダ・CX-8はディーゼルエンジン車のみで2017年12月発売!?

マツダ・CX-8はディーゼルエンジン車のみで2017年12月発売!?

マツダ・CX-8はディーゼルエンジン車のみで2017年12月発売!?の画像

北米向けのマツダ・CX-9を日本市場向けにリサイズ、2017年内にも発売されるマツダ・CX-8。現時点で分かっていることを、予想を交えてご報告したいと思います。

なお、唯一公開されている3列シート(カットボディ)の写真は、アナウンス時に1点くらいは写真がないと、ということから用意されたようです。写真を見る限り3列目もシートサイズは大きいようですが、フロアが高くなるのは避けがたく、居住性が気になるところ。なお、CX-8の写真は1点しか公開されていませんので、ベースとなっている北米向けのCX-9の写真を交えてご紹介します。

気になる発売時期は、年内といっても後半になりそうです。あくまで予想ですが12月、遅ければ年末になるかもしれません。また、価格帯はCX-5の価格帯からすると、300万円前半〜400万円前後と予想されます。

エンジンは、すでに公開されているスペック(主要諸元の一部)どおり、新世代クリーンディーゼルエンジンの「SKYACTIV-D 2.2」。注目の2.5L直噴ガソリンターボの「SKYACTIV-G 2.5」は、CX-8には搭載されない模様です。

理由はCX-8のボディサイズ(全長4900×全幅1840mm × 全高1730mm)と重量(現時点では未公表)に同エンジンを積んでもマツダらしい「Zoom-Zoom」な走りが実現できず、少々荷が重いという判断のよう。

デザインはCX-9から少し変更されると思いますが、CX-9やCX-5といった最近のSUVテイストで、スタイリッシュに大人っぽくまとめられるのではないでしょうか。

CX-8のアピールポイントは「マツダらしい走りやデザイン・質感を備えながら、3列目まで大人がしっかり座れるパッケージングを実現した新型クロスオーバーSUVであり、多人数乗車とともに上質さをお求めになるお客様に向けた、マツダの新しい提案です」と小飼雅社長が語ったとおりなのでしょう。

それでも両側スライドドアや低めのフロアによる良好な乗降性、そして居住性というミニバンならではの利点をSUVに求めるのは酷なもの。「SUVを中心に据えて3列シート車も用意する」というのがマツダの戦略。

新型CX-8は、マツダというブランドらしさを体現しているはずで、新しい提案がどう受け止められるか今から気になるところです。

(塚田勝弘)

マツダ・CX-8はディーゼルエンジン車のみで2017年12月発売!?(http://clicccar.com/2017/06/01/477980/)

【関連記事】【ロードスター軽井沢ミーティング2017】NAロードスター、レストア・プロジェクト車両をお披露目高齢者だけでなく29歳以下も多い「踏み間違い事故」へのマツダの対応は?マツダが「自動車用次世代液体燃料シンポジウム2017」に参加